東京経済大学

MENU

2018年 個人海外語学研修

ファーストウェルネス フィリピン
現代法学部1年  2018/2/12-3/9

  1. 研修校の紹介、その研修校を選んだ理由

    質の高いホテルで教室が同じ建物にあること、日本の英語教材などで有名な桐原書店のグループ会社であったこと、多くの学校は韓国人経営ですが日本人経営であったことからこの研修校を選びました。英語が苦手でも先生達はいつも明るく前向きな言葉をかけてくれました。先生と生徒の距離感が近く、授業が終わると一緒に食事に行くこともありました。

  2. 研修校で授業を受けて学んだこと

    全ての授業を英語を用いて行なうことは難しさもありますが、楽しく過ごせました。日本では英語を話す機会があまりないため、英語を話し続けることの大変さをあらためて痛感しました。また、日本人が苦手とする発音にはとても苦戦しました。自分ではなかなか気がつかない部分なので学習することができて良かったと思います。

  3. 感想

    初めての海外ということもあり、英語力や治安などに不安はありましたが、特に何事もなく安全に過ごすことができました。語学力の向上を目的としてフィリピンに行ったのですが、文化や国の歴史、日本との係わりなど沢山のことを学びました。その他にも休日にボランティア活動に参加したり、ビーチに行ったりととても有意義な時間を過ごしました。フィリピンでは水道水を飲むことはできず、トイレにおいても紙を流せないなど不便なこともありましたが、日本での生活に感謝する良いきっかけとなりました。

Misao Language Institute インド
コミュニケーション学部3年  2018/2/17-3/3

  1. 研修校の紹介、その研修校を選んだ理由

    英語を使って様々な国の人々とコミュニケーションを取るためにはアメリカやイギリスの発音だけでなく、それぞれの国がもっている発音の特徴などにも慣れておきたかったのでインドを選びました。生徒数も基本的には2、3人の少人数で全ての授業が行なわれていて、充分に自分の考えを言う機会がありました。

  2. 研修校で授業を受けて学んだこと

    私の受けた授業では辞書の使用が禁止されていました。ニュアンス的に正しくない可能性があるからです。それによって判らない単語や文は全て英語で説明してくれたので、使い方がしっかり身につきました。また講師との距離が近く、ランチも一緒に買いに行ったり、食べたりするので日常的なところからも自然な英語を学ぶことができました。

  3. 感想

    英語の留学としてインドにいくというのはまだメジャーな選択肢ではないのですが、インド人のフレンドリーな人柄に惹かれて留学に来る生徒達で堅苦しくなく、すぐ周りと溶け込むことができ、英語力の向上はもちろん様々な宗教も含めたインド文化を同時に経験し、学ぶことができました。インドというと危険なイメージを持っているかも知れませんが、それはほんの一部のことだと実感しました。

E-room フィリピン
コミュニケーション学部1年  2018/2/4-3/24

  1. 研修校の紹介、その研修校を選んだ理由

    この学校はいろいろな国の人たちが集まってきて、沢山の人がいる学校だったので日本と違う文化やマナーなども学べると思ったからです。1日3食ついており、プールがあったりするなど、いろいろな場所でいろいろな人たちの文化に触れることができます。

  2. 研修校で授業を受けて学んだこと

    文法、発音、会話など。主に英会話を学びました。マンツーマンなので、グループより詳しく、判り易く学べました。

  3. 感想

    本当に行って良かったと思います。日本にいたら、英語を使って会話が出来る場所が学校ではコトパティオしかなく、その中でしか英語を使って話す機会がなかったのですが、海外に行ったら外に出て、何かするのも英語を使わないと相手に伝わらないし、お店などに書いてあることも英語なので、すべてにおいて、良い経験だったと思います。色んな国の人たちがいたので、生活していて、文化の違いなどについても学べて良かったです。

キャンパスライフ