東京経済大学

MENU

1年生になるみなさんへ

1年生のうちから就職活動にむけて何かする必要はありますか?

 就職活動とは、自分が興味や意味を感じられる企業等に、これまで自分が身につけたもの(強み)をアピールして、採用してもらう行為とも言えます。強みを得るには、授業をはじめとして、ゼミや資格試験への挑戦など学修の機会を生かし、自己研鑽を重ねることが重要です。さらに部・サークル・ボランティア活動や、留学における異文化体験等を通し、多くの友人や先輩・後輩との出会いの中で人間として成長すること、そして何よりも充実した学生生活を送ることが大切です。これらの経験を通して自分がどういう人間なのか、何に興味があるのか、どのようなことに向いているのかなど、自分自身を見つめる効果も期待できます。

 採用選考では、学生自身がどのような目標を設定して、その目標に向かってどのように取り組み、その結果がどうなったのか、これらの経験を通してどのように成長したのかを探ろうとしています。自主的に何かにチャレンジして成長した学生は、社会での活躍も期待できるからです。

 1~2年次における対策を以下にまとめましたので、参考にしてください。また、3年生になるとキャリアセンター主催のガイダンスが、多数、行われるようになります。積極的に参加して、夢を実現しましょう。

授業やゼミ等で自分の知的好奇心を刺激する分野をみつけ、勉強に打ち込む。
plus.jpg
文章力やディスカッション能力を身につける。
キャリア形成科目を履修する。
簿記、情報処理、語学、法学等の資格取得にチャレンジする。
1・2年生対象のキャリア支援行事に参加する。
部活動、サークル活動、ボランティア活動など、興味のあることに力を注ぐ。
価値観の異なる多くの人や文化と接する機会をもつ。(留学等)
インターンシップに参加する。
継続的に新聞やニュースに親しみ、社会や企業に関心を持つ。

*いずれにしても、自分なりに工夫しながら力を注ぐことが大切です。

就職支援

TKUキャリアナビ(学生用)

利用者ID
パスワード