東京経済大学

MENU

正課教育と連携

  CSCは、より高い目標へ挑戦する学生をサポートするため正課教育の一環である以下の特別プログラムと連携しています。

会計プロフェッショナルプログラム(会計PP)
公認会計士や税理士、国税専門官等の会計専門職の養成をめざします。
法プロフェッショナルプログラム(法PP)
法科大学院進学(法曹)、司法書士等の法律専門職の養成をめざします。
金融キャリアプログラム(金融CP)
金融業界をめざす人の就職をサポートします。

  会計PPや法PPで学習する場合、原則として、まず、学内で開講されるCSCの講座を受講します。金融CPで学ぶ場合、全員がCSCの2級または3級FP講座を受講します。

PP等では所定の資格講座を無料(大学負担)受講

  会計PPでは、学外講座(公認会計士講座、税理士講座、簿記1級講座、国税専門官講座のいずれか)を無料で受講します(登録手続き必要、選考あり、合計50名以内)。
  法PPでは、CSCの法学検定スタンダード講座*(1年次で所属決定後に受講する学生のみ)と、学外講座(司法書士講座、行政書士講座、裁判所職員一般職講座のいずれか)を無料で受講します。また、法科大学院進学希望者(2015年度以降入学生)には、模擬試験の受験にかかる費用を大学が負担します。(登録手続き必要、選考あり)。
  金融CPでは、CSCの2級または3級FP講座*を無料で受講します(登録手続き必要、選考あり、合計60名以内)。
「*」の講座の教材費は有料です。
◆PP等の詳細は学務課(6号館1階)へ

取得資格を卒業単位として認定

  一部の取得資格は卒業単位として認定されます。これも本学学生の資格取得をサポートするシステムです。
これにより効率的な学習が可能になります。

経済学部 日商簿記検定2級(「簿記原理a・b」科目を単位認定)
経営学部 日商簿記検定1級、公認会計士の短答式試験または論文式試験、税理士試験科目合格
現代法学部 日商簿記検定3級・2級、法学検定ベーシック・スタンダード・アドバンスト、
ビジネス実務法務検定3級・2級・1級
※入学年度、合格した際の年次により認定することができる資格が異なります。
◆単位認定の詳細は学務課(6号館1階)へ
関連リンク
学務課

CSC