東京経済大学

MENU

教員紹介

教授
金 鉉玉
KIM Hyon ok

学歴
  1. 韓国仁川大学校 東北亜国際通商学部 日本通商学科
  2. 修了 一橋大学 商学研究科 修士
  3. 一橋大学 商学研究科 博士後期
学位
  1. 2009/03/23 博士(商学) 一橋大学
  2. 修士(商学) 一橋大学
  3. 国際通商学士 韓国仁川大学校
教育・研究活動状況
  1. リスク情報開示に係る諸研究
    ストック・オプションに係る諸研究
    支配構造との情報開示活動に係る諸研究 など
研究分野
  1. 会計学
  2. ディスクロージャー
競争的資金等の研究課題
  1. 2018-2020 非財務情報の重要性分析と企業評価 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)
  2. 2018-2020 数学理論を用いた財務諸表エラーの測定とグループ企業間の取引構造がそれに与える影響 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)
  3. 2016-2018 ASEAN諸国の会計・監査問題:日本を含めた制度と実務の比較研究 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)
  4. 2015-2017 ディスクロージャー制度の再設計 -持続的な価値創造に資する企業報告のあり方 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)
  5. 2015-2016 監査報酬と監査の質に関する国際比較 二国間交流事業 日本学術振興会韓国との共同研究(NRF)

詳細表示...

著書
  1. 2014/03/31 International Perspectives on Accounting and Corporate Behavior Springer
  2. 2012/05/25 企業会計研究のダイナミズム 中央経済社
  3. 2010/03 Information Security Governance for Enhance Corporate Value SANS Institute.

詳細表示...

論文
  1. 2019 学術雑誌 共著 Accounting information quality and guaranteed loans: evidence from Japanese SMEs Small Business Economics
  2. 2019/02 学術雑誌 単著 リスク情報の変化と企業特性 Disclosure & IR 宝印刷株式会社
  3. 2019/02 大学・研究所紀要 単著 日本企業の財務諸表エラーの測定に関する検討− ベンフォードの法則(Benford’s law)を用いて− 『東京経大学会誌』経営学
  4. 2018 学術雑誌 共著 Business Risk Disclosure and Firm Risk: Evidence from Japan Research in International Business and Finance
  5. 2018/12 大学・研究所紀要 単著 企業による利益の切り上げ行動の分析−ベンフォードの法則(Benford’s law)を用いて− 『東京経大学会誌』経営学

詳細表示...

研究発表
  1. 2018/06/30 口頭発表 Who, When, and How Much Corporate Parents Help: Evidence from Japanese Consolidated and Unconsolidated Financial Statements European Financial Management Association
  2. 2018/06/28 口頭発表 Who, When, and How Much Corporate Parents Help: Evidence from Japanese Consolidated and Unconsolidated Financial Statements Multinational Finance Society
  3. 2017/12 口頭発表 日本企業の財務諸表エラー分析-ベンフォードの法則(Benford’s law)を用いて- 日本ディスクロージャー研究学会
  4. 2017/08 口頭発表 A comparison of management and auditor going concern risk disclosure: Evidence from regulatory change in Japan The 6th International Accounting Conference (Yogyakarta, Indonesia)
  5. 2017/08 口頭発表 A comparison of management and auditor going concern risk disclosure: Evidence from regulatory change in Japan American Accounting Association (San Diego, U.S)

詳細表示...

受賞
  1. 2014/11 Best Paper of International Accounting Conference & Student Forum 2014
  2. 2012/01 プロネクサス総合研究所懸賞論文優秀賞 「リスク情報開示とリスクマネジメント体制整備に向けた新たな視点-ディスクロージャー制度の次なるステップへの展望」 『プロネクサス総合研究所研究所レポート』第6号

詳細表示...

主な担当科目
  1. 会計学原理
  2. 簿記原理

詳細表示...

教育実績
  1. 2017/12-現在 第9回プロネクサス懸賞論文優秀賞受賞
  2. 2012/12-現在 第4回プロネクサス懸賞論文佳作受賞
  3. 2009/04-現在 教育内容・方法の工夫

詳細表示...

所属学協会
  1. 日本会計研究学会
  2. ディスクロージャー研究学会
  3. 日本インベスター・リレーションズ学会
  4. 日本簿記学会
  5. 韓国会計学会

詳細表示...

学部・学科