東京経済大学

MENU

4年間の流れ

学生インタビュー

関山 咲樹さん

コミュニケーション学部コミュニケーション学科1年
東京・私立東京成徳大学高校出身
関山 咲樹(せきやま さき)さん

少人数授業が多く、先生との距離が近いのが特長

コミュニケーション学部を選んだ理由は?
将来は観光業界で働きたいので、必要になると思われるコミュニケーションと英語の両方について学ぶことができるコミュニケーション学部を選びました。入学して感じたのは、東経大自体がコンパクトなので少人数での授業が多く、先生との距離が近いことです。

印象に残った科目は?
「総合英語セミナー」では、受験のための英語では取り上げない実践的な文法などを学ぶことができ、英語本来の面白さに触れることができました。「言語学」では、赤ちゃんが言語を獲得する過程や鳥の鳴き声の文法など、ユニークな視点から言語を考えます。いずれも、好奇心を刺激される東経大ならではの科目です。

これからがんばりたいことは?
グローバルキャリアプログラムに入り、オーストラリアでの海外研修が決まっているので、英語力をもっと伸ばしたいと考えています。目標は、海外研修後にTOEICで900点を取ることです。日商PC検定や簿記などの資格取得もめざしているので、忙しいけれど充実した学生生活になりそうです。

私の時間割 [1年次 2期]

竹内 涼さん

コミュニケーション学部コミュニケーション学科2年
埼玉県立伊奈学園総合高校出身
竹内 涼(たけうち りょう)さん

興味ある科目を幅広く学べて、成長が実感できる

コミュニケーション学部をめざした理由は?
テレビなどのメディアやマスコミ業界に興味があり、将来その道に進みたいので、関連する知識を学び、情報を得たい、と思いました。

好きな授業・力を入れている科目は?
一つは「ゼミ」です。所属している桜井ゼミでは、自分たちで脚本や構成を考えて映像制作を実践。作品を作る楽しさを味わいながら、技術面も向上できます。二つめは英語アドバンストプログラムの授業です。英会話やTOEIC対策など多彩な内容が魅力で、もともと好きな英語をさらに磨こうと積極的に取り組んでいます。

印象に残っている科目は?
「組織コミュニケーション論」が面白いです。企業コースの科目ですが、社内の人間関や日米の働き方の違いなど、初めて触れる内容ばかりで新鮮でした。来年も企業コースの広告やマーケティングなど興味ある科目を積極的に受講して、視野を広げたいです。

目標に向けてがんばっていることは?
放送研究会に入り、映像・音響機材の扱いや映像編集を学んでいます。また、作品を観ることも必要なので、テレビや映画を観ることはもちろん、その背景を知るために、最近は本を読む機会も増えました。

私の時間割 [2年次 2期]

学部・学科