東京経済大学

MENU

4年間の流れ

学生インタビュー

坂本 達也さん

経済学部経済学科4年
福島県立いわき光洋高校出身
坂本 達也(さかもと たつや)さん

地域貢献への思いが強くなった

経済学部で学びたいと思ったのはなぜ?
高校2年になる前の3月、東日本大震災を経験しました。交通機関はマヒし、救援物資も届かず、なぜこのような状況になるのかと考えたのをきっかけに、大学では世の中の動きと切っても切れない経済学を学ぼうと決めました。

印象に残っている科目は?
「社会政策」と「社会保障論」です。経済学というとお金に関することを学ぶというイメージがありましたが、少子化問題、年金など、社会が抱えるさまざまな問題にも目を向け、自分の問題として考えるようになりました。

今後の目標は?
卒業後は市民生活に不可欠な鉄道会社に就職します。ゼミで学んだことを生かし、すべての人が快適に使える駅・鉄道づくりを通して、地元の復興支援・発展に貢献したいと考えています。

私の時間割 [3年次 1期]

伊地知 歩美さん

経済学部国際経済学科4年
東京・私立女子聖学院高校出身
伊地知 歩美(いぢち あゆみ)さん

世界経済や貿易を深く学ぶ

国際経済学科に進んだのはなぜ?
社会の現象や人の行動を、経済活動の面からとらえて理解したいと思ったのが経済学部を選んだ理由です。もともと海外に興味があって、経済活動の中でも、海外の経済状況や貿易などの動きについて深く学びたいと思い、国際経済学科に進みました。

印象に残った科目は?
経済学などの講義で扱うものから、時事的な話題にまで及ぶので、英語力の確実な向上が期待できます。「EU経済論」では、歴史や文化を踏まえたうえで、ヨーロッパの経済を解き明かしていく科目です。「英国のEU離脱」など最近の話題も取り上げられるので、幅広い観点からヨーロッパの経済を学ぶことができます。

国際経済学科で得たものは?
世界経済や貿易には多様な課題があり、その解決には、お互いを知ることが何よりも大切だと学びました。学んだことを生かして、将来は日本と海外の間で、相互理解のサポートをする仕事に就きたいと強く思うようになりました。

私の時間割 [3年次 2期]

学部・学科