東京経済大学

MENU

4年間の流れ

学生インタビュー

増田 佳晃さん

増田 佳晃(ますだ よしあき)さん
経済学部 経済学科 3年
静岡県立浜松北高等学校 出身

現代の課題の背景を探り
本質を理解する

もともとは世界経済に興味を持っていましたが、世界を知る前に身近な日本の社会や経済を理解し、思考の軸足を定めようと考えました。日本経済を学ぶなかで、いくつもの発見がありました。例えば高度経済成長期からバブル崩壊を経て、今日まで続く低成長経済の経緯を学び、現在の格差社会や子どもの貧困問題の背景が理解できました。目の前の現象だけを追わず歴史や背景を探り、物事の本質をつかむことの重要性を経済学部での学びを通じて知りました。

■ 私の成長STORY
[1年次・1期]分野が異なる科目を受講し、社会科学のつながりを初めて実感しました。
[2年次・2期]経済学に関する専門科目を学び、そのなかから財政学、社会保障に興味を持ちました。
[3年次・1期]経済学科を選択し、格差社会を考えるゼミに参加。多様な意見に触れました。
[未来]本来の興味である国際社会を探究し世界の人と接したい。

島谷 花ノ子さん

島谷 花ノ子(しまたに かのこ)さん
経済学部 国際経済学科 4年
東京都立小平高等学校 出身

国際経済学科で広い視野を養い
グローバル化する仕事に生かしたい

社会で最も役立つ学問は経済学ではないかと考え、経済学部に入学しました。さらに社会を見る広い視野を身につけるため、国際経済学科を選択しました。そのため、総合教育科目で哲学や心理学、日本語表現なども興味深く学び、さまざまな視点で物事を見る目を養い、国際経済の分野では中国経済について理解を深めました。卒業後は建設会社に勤務する予定で、日本は中国からの労働者も多く、建材の輸入もあるため、本学科で学んだことを仕事に生かしたいと考えています。

■ 私の成長STORY
[1年次]総合教育科目で、広く一般的な教養を身につけました。
[2年次]履修科目で、マクロ経済学やミクロ経済学の基礎理論など、経済に関連する分野が増えました。
[3年次]金融キャリアプログラムを受講し、金融業界を中心に日本の産業に対する理解を深めました。
[未来]建設会社に勤務。経済的視点を仕事に生かしたい。

学部・学科