東京経済大学

MENU

教員紹介

准教授
大久保 奈弥
OKUBO Nami

職歴
  1. 2008/04/01-2010/11/30 日本学術振興会特別研究員(京都大学・オーストラリア国立大学)
  2. 2010/12/01-2012/03/31 慶応義塾大学 自然科学教育研究センター 特任助教
  3. 2012/04/01-2015/03/31 東京経済大学 専任講師
  4. 2012/04/01-現在 東京経済大学
  5. 2015/04/01-現在 東京経済大学 准教授
学歴
  1. 立教大学 文学部 ドイツ文学科
  2. 東京水産大学(現東京海洋大学) 水産学研究科 資源育成学専攻 博士前期
  3. 東京工業大学 生命理工学研究科 生体システム専攻 博士後期
学位
  1. 2005/03 博士(理学) 東京工業大学
  2. 修士(水産学) 東京海洋大学
教育・研究活動状況
  1. 海洋生物の保全、サンゴの発生の多様性
研究分野
  1. サンゴを中心とした海洋生物
競争的資金等の研究課題
  1. 2017-2019 開発の危機に晒される相模湾沿岸域に生息する動植物の生物目録作成 旭硝子財団 環境フィールド研究 近藤次郎グラント
  2. 2017-2019 マイクロプラスチックがサンゴに与える影響 基盤C
  3. 2016-2016 オリンピックの開催で開発が予定されている神奈川県逗子市小坪大崎の藻場およびそこに生息する動植物の調査 高木仁三郎市民科学基金
  4. 2015-2016 ナノ・ミクロスケールの粒子がサンゴに与える影響 ニッセイ財団
  5. 2015-2016 河川や海洋においてナノ・ミクロスケールの粒子が各栄養段階の水棲生物に与える影響 クリタ水・環境科学振興財団

詳細表示...

論文
  1. 2017 学術雑誌 共著 Acceptable symbiont cell size differs among cnidarian species and may limit symbiont diversity The ISME Journal
  2. 2016 学術雑誌 単著 概論:サンゴとさんご礁 生物科学
  3. 2016 学術雑誌 単著 発生 多様なサンゴの発生観察からようやく見えてきた共通性 生物科学
  4. 2016 学術雑誌 共著 A comparative view of early development in the corals Favia lizardensis, Ctenactis echinata, and Acropora millepora - morphology, transcriptome, and developmental gene expression​. BMC Evolutionary Biology
  5. 2015 学術雑誌 単著 Restructuring the traditional suborders in the Scleractinia based on embryogenetic morphological characteristics Zoological Science

詳細表示...

研究発表
  1. 2011/09 Coral gastrulation pattern and phylogeny - a comparative and molecular approach International Workshop “Searching for Eve: basal metazoans and the evolution of multicellular complexity” Evangelische Akademie Tutzing, Germany
  2. 2011/08 ポスター発表 「生物学教材としてのサンゴの有用性」 日本理科教育学会全国大会発表論文集
  3. 2011/03 Transcriptomics and development: using a set of conserved developmental transcripts to study comparative embryology inAcropora (complex), Favia(robust) and Ctenactis(solitary). (oral) ARC center of excellence, Genomics Meeting, Australia
  4. 2010/04 Transcriptomics and development: using a set of conserved developmental transcripts to study comparative embryology inAcropora (complex), Favia(robust) and Ctenactis(solitary). (oral) Coral Centre Genomics Program Meeting, Australia
  5. 2009/11 Survival dynamics of reef coral larvae withspecial consideration of larval size and the genus Acropora. 日本サンゴ礁学会 第12回大会

詳細表示...

その他研究業績
  1. 2011/06-2011/06 単独 その他 サンゴの生活史
  2. 2011/06-2011/06 単独 その他 ALDH2を用いたアルコール感受性実験

詳細表示...

主な担当科目
  1. 生命の科学

詳細表示...

教育実績
  1. 2011-現在 開発した実習プログラムの実施
  2. 2011-現在 独自のアンケートを実施

詳細表示...

社会貢献活動
  1. 2008-現在 海の生き物を守る会
  2. 2015-現在 生物科学 編集委員

詳細表示...

所属学協会
  1. 日本動物学会

詳細表示...

学部・学科