東京経済大学

MENU

4年間の流れ

学生インタビュー

佐々木 康介さん

現代法学部現代法学科1年
東京都立武蔵野北高校出身
佐々木 康介(ささき こうすけ)さん

公務員になるために必要な講座もサポートも充実

現代法学部を選んだ理由は?
父が公務員で、父と同じように地域社会に貢献する仕事に就きたいと思い、公務員になるには法律の知識が求められることから現代法学部を選びました。東経大にはキャリア・サポートコースがあり、公務員試験対策や簿記などの資格取得の講座が低額で受講できることも、進学の大きな決め手になりました。

印象に残った科目は?
「文章表現基礎」は、文章を書くことが苦手と気づかされた科目です。法律を学ぶうえでも、仕事をするうえでも、論理的な文章を書くことは基本ですから、克服すべき課題となりました。「法社会学基礎」は、日常会話の分析などを通じて、刑事裁判で必要となる話し方などの基本を学ぶものです。授業では、テレビでの法廷シーンのようなやりとりがあったりするので、興味深く受講することができます。

これからがんばりたいことは?
インターネットショッピングでのトラブルなど、消費者が関係する問題に興味があるので、それらの解決につながる講座を学んで、将来、公務員になったときに備えたいと考えています。

私の時間割 [1年次 2期]

木野 一馬さん

現代法学部現代法学科4年
愛媛県立松山東高校出身
浦川 花(うらかわ はな)さん

ゼミで学んだ現場に足を運んで調べる大切さ

現代法学部に入学した理由は?
現代法学部を選んだのは、法理論や過去の判例などを研究するだけでなく、現代社会のさまざまなできごとと、法律の結びつきを学ぶことができるからです。また、金融業界で必要な経済と法律の両方の知識を得ることができるのも、大きな特徴のひとつです。

印象に残った科目は?
冤罪事件に興味を持ったのが、法律を学びたいと思ったきっかけだったので、冤罪事件がテーマの大出先生のゼミは迷わず所属しました。ゼミでは、過去の冤罪事件の関係者に話をうかがったり、裁判所に通って実際のやりとりを傍聴したりと、行動することが求められました。「百聞は一見にしかず」という言葉があるように、現場に足を運んで調べる大切さを教えられたことが、ゼミの思い出として残っています。

東経大で利用してほしいものは?
金融キャリアプログラムには、金融に関する専門知識と就職活動のノウハウがつまっています。葵金融会のOB・OGのサポートも受けられるので、金融業界への就職を考えている人に、特にお勧めのプログラムです。

私の時間割 [3年次 1期]


学部・学科