東京経済大学

MENU

キャリアデザイン・ワークショップ

段階に応じた課題に取り組み、自らのキャリアを考え、将来に生きる知恵と確かなチカラを身につける

キャリアデザイン・ワークショップ

キャリアデザイン・ワークショップ

キャリアデザイン・ワークショップ

キャリアデザインプログラムでは、将来のキャリアを考え、生涯にわたって学び続ける力を主体的に身につけることをめざします。その中心的な科目が、1年次から4年次まで段階的に進められる「キャリアデザイン・ワークショップ」です。論理的思考能力、自らの考えを表現し伝える力、必要な情報を探し出し整理・理解する力、問題発見・理解・解決能力などのジェネリックスキル(社会人として活躍できる力)と大学での学びのつながりを理解することから始まり、就職活動や就職後に生かせる実践的な力を養成します。
例えば1年次2期と2年次1期は、さまざまな課題にグループで取り組み、問題解決のトレーニングを行います。その中で、議論やディベートのスキルを磨き、プレゼンテーション能力を高めます。また、自由にアイデアや意見を出し合う「ブレインストーミング」の技法や、「ロジカルシンキング」(論理的思考)の技法も、実践を通して習得します。
このほか、2年次2期には卒業生へのキャリアインタビューを実施。3年次には業界分析や企業分析、自己分析といった実践的な就職対策に取り組みます。

学部・学科