東京経済大学

MENU

総合教育系ゼミ

野田 淳子 ゼミ

心理学

野田 淳子ゼミ

ロジカルかつクリエイティブに
想像力を働かせ、人の「こころ」を科学する


人の心は、見えません。しかし、「心は在る」と多くの人が信じているのはなぜでしょうか。心は意識から無意識まで幅広く、さまざまな要因が絡む複雑な現象です。授業では人の心や行動、その変化・発達の仕組みについて、時に哲学や進化の歴史も紐解きながら、近年の脳神経科学を含む実証データをもとに検証していきます。 「勉強をやる気になれないのはなぜか」「歳を取ると性格は変わるか」といった身近な問題について受講生と対話をし、 観察や実験といった研究手法も取り入れて考えていくと、「熟達化は加齢によるハンディを克服するか」など鋭い質問が出てきて驚くことも多々あります。 人は生涯、獲得と喪失を繰り返しながら、死ぬまで発達し続ける存在です。豊かな心の働きを学ぶために、ScienceだけでなくArtの域まで迫り、 「当たり前」を「不思議」に変える面白さを味わってみませんか。

小林 誠ゼミ

文化人類学

center_zemi_2.jpg

center_zemi_2_1.jpg

異文化に触れて自分自身を相対化し
日常の当たり前を検証する


グローバル化が進展し、日本においても増える文化的な他者との対話を実り多きものにするためには、異文化を理解する能力のみならず、自分たちが当たり前とすることを見直す柔軟な発想と、自文化を相対的にとらえる視点が必要不可欠です。授業では、文化人類学の「ものの見方」を身につけることで、異文化の理解と自文化の相対化を同時に達成し、他者との対話を開いていく技法を習得します。これとは別に、「南海の楽園」「高貴な野蛮人」というイメージが広まったオセアニアについて、多様なメディアがオセアニアをどのように描いてきたのかを具体的に検討するとともに、オセアニアの現実や島民自身による自己表象を比較し、オセアニアの「虚像」と「実像」をめぐる複雑な関係を解きほぐす文化人類学の授業もあります。

受講可能学部学科

全学部全学科の学生が受講可能です。

  • 経済学部経済学科
  • 経済学部国際経済学科
  • 経営学部経営学科
  • 経営学部流通マーケティング学科
  • コミュニケーション学部コミュニケーション学科
  • 現代法学部現代法学科
興味あるテーマを探してみよう!総合教育系ゼミ一覧 2018年度
相澤 伸依 ひたすら本を読んで書いて話す
麻生 博之 哲学ラボ ―哲学・倫理学の諸問題を考える
阿部 弘樹 プログラミングによる数理表現セミナー
余部 福三 イスラームの伝統と現代
上野 麻美 『源氏物語』の世界を歩こう
榎 基宏 天文学入門
遠藤 愛 スポーツ・コーチング論
大岡 玲 物語論 ―「映画」の構造を分析する
大久保 奈弥 海の生物多様性を学ぶ
大貫 敬一 事例を読む
小田 登志子 TOEFL®に挑戦
小林 誠 異文化のフィールドワーク
澁谷 知美 男女平等ってなんだ?-議論とインタビュー調査
新正 裕尚 東経大地学倶楽部 X
関 昭典 アジアの学生との交流を通じ、多文化理解力・英語力を高める
徐 京植 芸術を通じて考える人間と社会
髙井良 健一 ライフヒストリーの教育学-人生から学ぶ-
高津 秀之 世界遺産をめぐる歴史の旅
田中 景 映画シナリオから学ぶ英語と多文化
対馬 輝昭 英語によるスピーチの体系的理解と実践演習
寺田 佳孝 教育と政治、経済、法制度、社会思想の関係を考える
戸邉 秀明 沖縄戦から歴史を考える
富岡 義志雄 サッカーのシステム・戦術を探求する
中川 知佳子 英語学習を科学する
野田 淳子 "子育ち"支援と家族関係の心理学
早尾 貴紀 人文学(ヒューマニティーズ)を身につけるー加藤周一とエドワード・サイードを読む
久川 伸子 外から見た日本語
南 隆太 An Introduction to Japanese Visual Culture Today
本橋 哲也 世界演劇の教科書
山辺 弦世界各地域の短編小説を翻訳で読む
横畑 知己 現代史を学ぶ-アメリカ合衆国を中心として(2)

学部・学科