東京経済大学

MENU

コミュニケーション学部 表現AO入試

2018年度第1年次 コミュニケーション学部 表現AO入試 募集要項

学部 コミュニケーション学部
学科 コミュニケーション学科
募集人員 20 名※
第一次選考
出願期間
[郵送受付] 2017年9月4日(月)~9月8日(金)(締切日消印有効)
[入学検定料] 15,000円
第一次選考
結果発表日
2017年9月15日(金)志願者に選考結果を発送
第二次選考
出願期間
2017年9月19日(火)~9月25日(月)第一次選考合格者のみ出願可能
[入学検定料] 20,000円
第二次選考日 2017年10月8日(日) 第一次選考合格者のみ受験可能
試験場 本学
合格発表日 2017年10月13日(金)
第二次選考志願者および志願者の在学校の校長に選考結果を発送
合格者には入学前教育を実施
入学手続期間 [第一次手続]2017年10月16日(月)~10月20日(金)
[第二次手続]2018年1月15日(月)~1月19日(金)
  • ※ コミュニケーション学部 一般AO入試、表現AO入試、英語AO入試の合計です。
出願資格

次の1から5の条件をすべて満たす者。

  1. 次のⅠからⅢのいずれかに該当していること。
    1. 高等学校または中等教育学校後期課程(以下高等学校等という)を卒業した者。または2018年3月に卒業見込みの者。
    2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者。または2018年3月に修了見込みの者。
    3. 高等学校等を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者。または2018年3月までにこれに該当する見込みの者で、2018年3月までに満18歳に達する者。
  2. 本学コミュニケーション学部を第一志望(専願)とし、コミュニケーション学部での学習を強く志望していること。
  3. 以下のAからFのいずれかに該当していること。
    1. テレビ・ビデオ・映画・CGなどの映像による表現活動に対し、積極的に取り組んだ実績を持つ者。
    2. ラジオ・演奏・歌唱などの音声による表現活動に対し、積極的に取り組んだ実績を持つ者。
    3. 新聞・雑誌・文章などの文字・図画による表現活動に対し、積極的に取り組んだ実績を持つ者。
    4. インターネット・携帯電話・コンピュータなどの情報通信技術を用いた表現活動に対し、積極的に取り組んだ実績を持つ者。
    5. 演劇・ダンスなど身体による表現活動に対し、積極的に取り組んだ実績を持つ者。
    6. 放送部、新聞部、演劇部、文芸部、写真部などの課外活動における表現活動に対し、積極的に取り組んだ実績を持つ者。
  4. 3.の活動実績等を証明する資料または推薦書が提出できる者。
  5. 3.の活動実績等をコミュニケーション学部での学習と結びつけて自己アピールできる者。
選考方法
  1. 第一次選考
    書類審査
    ポートフォリオ(活動実績資料)、志望理由書等

    ※ポートフォリオ(活動実績資料)について
    A4サイズのファイル1冊、「活動実績資料書(表紙)」を含め、20ページ以内にまとめて提出すること(必ず1冊にまとめること)。このポートフォリオには、成果物の内容を示すほか、大会パンフレットや新聞・雑誌の記事等、活動実績を示す発行物の写し等を含めることができる。
    また、活動実績を示すために、各種大会の開催者などが発行する表彰状の写し、各種協会団体等が発行する証明書・推薦書等の写しを含めることができる。いずれも、提出物は返却しないので、必ず、表彰状や証明書の写しを提出すること。
    さらに、ポートフォリオに加え、映像資料または音響資料の、いずれか1点のみを提出することができる。各資料の形式は本学から配付する「コミュニケーション学部 表現AO入試要項」で確認すること。

  2. 第二次選考 ※第一次選考合格者について実施する。

    面接( 第一志望の確認、活動実績等をコミュニケーション学部での学習と結びつけた自己アピールおよび質疑応答。受験者1名につき面接担当者2名、時間は自己アピールに5分程度、全体で15分程度。なお、受験者はプレゼンテーション資料※を用いることができる。)

    ※プレゼンテーション資料について
    面接時に「プレゼンテーション資料」を用いることができる。「プレゼンテーション資料」は、入試要項に同封される所定の用紙(A4紙、1枚、片面)を使用すること。受験者は第二次選考日に「プレゼンテーション資料」を3部(同一内容の資料:本人用1部(原本)、面接担当者用2部(原本の写しでも可))作成のうえ、持参すること。面接時に利用できる資料は、この「プレゼンテーション資料」のみで資料は返却しない。

  • ※ 面接には基準点を設けており、これに達しない場合は不合格となる。
  • ※ 志願者は事前にオープンキャンパスに参加し、コミュニケーション学部での学習内容について理解しておくことが望ましい。
  • ※ コミュニケーション学部 表現AO入試の合格者が、入学前の3月末までにスカラシップ入試の出願資格を得た場合には、特待生として入学を許可する。

関連リンク

入試情報