東京経済大学

MENU

ニュースで知った経済のおもしろさ
~理系志望から一転、経済学部へ~

大塚 左京 さん

大塚 左京 さん

経済学部経済学科 3年
新潟県立長岡大手高校出身

動画ページへ!

通う価値が見つかる大学で成長したい

大学では理系の学部に進むつもりでしたが、ニュースで知ったTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に興味をもち、大学では経済を学ぼうと進路変更しました。
東京経済大学を選んだのは、現代法学部に在学中のいとこから「就職のサポートが手厚い」と聞いていたことや、大学生として4年間を費やすなら、自分が成長できて"通う価値が見つかる大学"に入ろうと考えていたからです。
就職することだけが大学に進学する理由ではありませんが、多くの卒業生がビジネス界を中心に様々な場所で活躍しているということは、社会から信頼を得ている証しだと思っています。

学生主体で進める税法研究

大塚 左京 さん

私が所属している税法研究会では、簿記検定合格をめざして、試験対策などをするほか、税に関するグループ研究に取り組んでいます。私は卒業までに簿記2級を取得することを目標にしています。
サークルでは、講師を務める先輩が作成する独自のレジュメに沿って勉強することもあります。
2013年は学生にも関わりの深い税金の一つ「消費税」を取り上げ、増税のメリット・デメリットを調べました。
ディベートも行い、研究成果は11月に行われた「葵祭(大学祭)」で一般の方にも披露しました。
研究を通じて納税者として知っておくべきことをしっかり学べ、税に対する考えも確かになりました。

授業で学ぶ経済学に新鮮な驚き

経済学部の授業では「ゲーム理論」に興味をもち、高校の授業で少し触れた「囚人のジレンマ」について深く学べました。また金融に関する理論を学び、社会におけるその役割を知ったことで、興味が深まりました。
今後は金融に関するゼミに入って、研究をさらに深めていきたいと思っています。

入試情報