東京経済大学

MENU

どんどん広がる自分の世界。
見つかる自分のやりたかったこと。

馬場悠貴さん

馬場 悠貴さん

現代法学部現代法学科 3年
埼玉・私立花咲徳栄高校出身

動画ページへ!

普段の生活から法律に興味
法学が学べて、自分に合う大学をさがす。

進学先を選ぶ際にもっとも重視したことは、自分が成長できる大学であるかどうかです。
「大学では法を勉強しよう」と思っていたので、さまざまな情報の中から、法学が学べて自分に合う大学を探しました。
法律は社会において欠かせないものであり、専門的に学んでみたいと思っていたことや、日々のニュースを見る中で、刑事訴訟の仕組みに興味を持ったことから、法学を学んでみたいと考えるようになりました。
なかでも、東京経済大学の現代法学部を選んだのは、現役の弁護士をはじめとした法曹界で活躍中の教授陣から直接指導を受けられると知ったからです。

自分で考える大切さを知る

ゼミでは、無実の人が犯罪者として扱われるえん罪について学んでいます。
ニュースや新聞でも取り上げられた袴田事件をテーマに、判決文や鑑定書を読んで議論し、支援者団体の方の話も聞きました。
すべての裁判で正しい判断がされるとは限らないことや、法律が万能ではないと知り、ショックを受けましたが、世の中の出来事をいろいろな視点で見てみようと心がけるようになり、自分自身で考えることの大切さも知るきっかけにもなりました。
また、授業の一環として、法廷や警察署、それに刑務所や少年院などを見学し、それらの行政施設で働く人たちの話を聞けたことも貴重な経験になりました。

大学で見つけた、本当にやりたかったこと

馬場悠貴さん

将来は、高校の教諭になりたいと思い、入学時から教職課程を履修しています。
その目標はいまも同じですが、大学で学ぶなかで「教育」に対する考え方が変わってきました。
たとえば、正しい情報を提供して多くの人が考えるきっかけをつくるという点では、メディアも「教育」の仕事だと思うようになったことです。
これは、大学でさまざまな経験をしたことで、私がやりたかったことは「先生になる」ことではなく、「教育」にたずさわることだというのがわかり、仕事に対する考え方が広がってきたからです。

人のつながりで広がる世界

大学に入ってもっとも広がったのは、人とのつながりです。
東日本大震災で被災した人たちと交流する学外の活動にも参加しています。これは空手道部の活動で知り合った他大学の先輩から紹介されたものです。
高校時代から被災地の復興に関わりたいといった気持ちはありましたが、どう取り組んでいいのかわからず、動き出すことができませんでした。
大学入学後は世界が広がったことで、自分の思いをすぐに形にできるようになりました。
忙しい大学生活ですが、どれも自分がやりたくて始めたことなので充実した毎日を送っています。

入試情報