東京経済大学

卒業生インタビュー GRADUATES INTERVIEW

土屋見奈子さんMINAKO TSUCHIYA

2011年3月 経営学部経営学科卒業
勤務先:会計事務所 / 職種:税理士

会計の仕事をずっと好きでいられるように、
自分らしく働きつづけていきたい。

土屋さんのことを教えてください

高校の時に簿記と出会い、会計の世界で生きていくことを決意。
資格サポートの充実した東京経済大学へ入学しました。卒業後には目標の税理士試験にも合格。
プライベートも大切にしながら、生涯この仕事をつづけたいと思っています。

お仕事の内容とやりがいを教えてください。

お客様のところへお伺いして、月ごとにお金や物の出し入れを記録する帳簿に間違いはないかをチェックしたり、
年に1回の決算月には申告書をつくって役所に提出しています。
接するお客様は経営者の方が多いのですが、人生の大先輩から「ありがとう」と言われたり、相談を受けたりして、
頼られている実感が得られた時は、すごくやりがいを感じられます。

学生時代はどんなことに力を入れてすごしていましたか?

「会計プロフェッショナルプログラム」という、会計士や税理士になるためのプログラムに入って、
授業と専門学校のダブルスクールで勉強をしました。
仲間でありライバルでもあるクラスメートと点数を競い合い、高め合う毎日。
大学時代は税理士になるための勉強にすべてを捧げていました。

東京経済大学で学んだことは社会でどのように役立っていますか?

在学中に、税理士になるために必要な科目はほとんどとりました。
卒業してからも仕事をしながら勉強を続けて、すでに試験にも合格。
7月には正式に税理士の資格がとれる予定です。
だけど、働く上で必要なのは会計の知識だけではありません。
「物語論」という研究室で身につけた自分の考えをしっかりと伝える力が、お客様と接する時に活きています。

仕事とプライベートのバランスについて

目標としていた税理士の試験にも合格した今、勉強がようやくひと段落。
学生時代からずっと勉強を応援してくれた友人が、今度は遊びに誘ってくれるようになったので、
飛びつくようにいろいろなところへ出かけています。
趣味の読書にも時間をとるなど、リフレッシュの時間も意識的に増やしています。
仕事とプライベート、今はバランスよく充実した毎日が送れています。

これからの目標を教えてください

がんばって取得した税理士の資格を活かして、仕事は一生続けたいですね。
お客様や同僚、支えてくれる家族を大切にしながら、
ずっと会計の仕事が楽しいと思えるような働き方をしたいと思っています。
そのためにも、「人のために」という初心だけはずっと忘れずに。

その他の卒業生インタビューはこちら!

このページをシェアしよう

TOPページに戻る

LINE@で東京経済大学情報を配信中!

先輩達のキャンパスライフや、受験に役立つ情報をお届けします。

友だち追加

わたしが、
わたしらしく。東経大生の一週間

東京経済大学で学んでいる学生たちの一週間を紹介します。学生たちがどのようなキャンパスライフを送っているか覗いてみよう!

ゼミする
東経100カラットSTUDENT INTERVIEW

ゼミを通して輝いていく、100名の東経大生。
あなたが共感できる先輩もきっと見つかる。生の声を聞いてみよう。

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス情報はこちら