東京経済大学

卒業生インタビュー GRADUATES INTERVIEW

仲山詩織さんSHIORI NAKAYAMA

2012年3月 コミュニケーション学部コミュニケーション学科卒業
勤務先:イベント会社 / 職種:プランナー

大好きなイベントの仕事を
今は思う存分楽しみたい。

仲山さんのことを教えてください

高校生の時から文化祭などのイベントごとが好きで、マスコミについて学べる東京経済大学へ入学しました。
1年生の時から先生に「イベントの仕事をしたい」と相談するなど、初心を貫き続けて、今の仕事に就いています。

お仕事の内容とやりがいを教えてください。

例えば自動車のメーカーが新製品を発売する時に、発表会があったりしますよね。
そういった企業の展示会やセミナーの会場づくり、空間演出をプロデュースしています。
高校の時からイベントが好きでずっとやりたかった仕事。
学生時代のものと比べても格段に予算が大きくて、テレビや新聞に取り上げられるなど、社会への影響力もやりがいです。

学生時代はどんなことに力を入れてすごしていましたか?

もともと目立ちたがり屋の私は、学生時代からイベント一筋。
学園祭の実行委員として、全体を仕切ってプロジェクトを進めていくことに喜びを感じていました。
メンバーと意見をぶつけ合い、葛藤を乗り越えながら、チームとしてまとまり、よりよいものをつくっていく。
そのプロセスがとにかく大好きなんです。

東京経済大学で学んだことは社会でどのように役立っていますか?

1年生の時から、マスコミ関係の卒業生が集まって話をしてくれる「葵マスコミ会」に参加。
3年生になると、そこで出会った先生のゼミに入りました。
毎回与えられるいろんな課題に取り組む中で、「0を1にする」企画力を身につけられました。
まだまだ勉強中ではありますが、仕事で毎日向き合う企画に役立てていると感じています。

仕事とプライベートのバランスについて

マスコミ関係ということで、プライベートを犠牲にして働きまくっていると思われるようですが、
今の会社で開催するイベントが企業向けのものなので、土日はしっかり自分の時間を確保できています。
土曜日の午前に5歳から続けているモダンバレエをはじめた瞬間、スイッチがオフに切り替わります。
先週も日帰りで大阪まで行くなど、アクティブにすごしています。

これからの目標を教えてください

全体を仕切ってプロジェクトを進めていくところが今の仕事の面白さ。
自分で考える力、お客様や社会に対する知識を高めて、もっと大きな案件で自分がハンドルを握り、
お客様に喜んでいただくことが目標です。結婚をした後も仕事を続けるかどうかは決めていません。
だからこそ、今は目の前の仕事を思い切り楽しみたいです。

その他の卒業生インタビューはこちら!

このページをシェアしよう

TOPページに戻る

LINE@で東京経済大学情報を配信中!

先輩達のキャンパスライフや、受験に役立つ情報をお届けします。

友だち追加

わたしが、
わたしらしく。東経大生の一週間

東京経済大学で学んでいる学生たちの一週間を紹介します。学生たちがどのようなキャンパスライフを送っているか覗いてみよう!

ゼミする
東経100カラットSTUDENT INTERVIEW

ゼミを通して輝いていく、100名の東経大生。
あなたが共感できる先輩もきっと見つかる。生の声を聞いてみよう。

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス情報はこちら