東京経済大学

MENU

Office互換機能パックの適用と注意点

1.互換機能パックについて  2.適用方法  3.適用後の注意  4.参考URL

1.互換機能パックについて

「Office 2007」で作成したファイルは、旧バージョンのExcelやWordではデータを開くことができません。

最新の更新プログラムを適用してある「Office 2003/XP」を利用している場合は、ファイルのアイコンをダブルクリックすると、互換機能パックのダウンロードを促すメッセージが表示されますが、最新の更新プログラムを適用していなかったり、Office 2000を利用している場合は、ダブルクリックしてもWindowsの「このファイルを開けません」というダイアログボックスが表示されます。
▲Word 2007のファイルを旧バージョンで開こうとした際のメッセージ

旧バージョンのExcelやWordに「Office互換機能パック」をインストールすると、「Office 2007」のデータを開けるようになり、以前のバージョンのExcelやWordで編集や保存を行うことができます。

「Office XP/2003」では、互換機能パックを導入すると「名前を付けて保存」ダイアログの「ファイルの種類」で、例えば「Excel 2007ブック(*.xlsx)」などの項目が選択でき、直接2007形式で保存できます。



← 互換機能パックを導入したExcelの保存時の画像例

2.適用方法

従来のOffice製品用の互換機能パックは、以下のリンクからダウンロードできます。

Microsoft社サイトより

Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック(Microsoftより)

Office 2007 で追加されたファイル形式及び [互換機能パック] が対応しているファイル形式
拡張子 ファイルの種類 互換機能パック対応
■ Microsoft Office Word 2007
*.docx Word 2007文書
*.docm Word 2007マクロ有効の文書
*.dotx Word 2007テンプレート ×
*.dotm Word 2007マクロ有効のテンプレート ×
■ Microsoft Office Excel 2007
*.xlsb Excel 2007バイナリ・ブック
*.xlsx Excel 2007ブック
*.xlsm Excel 2007マクロ有効のブック
*.xltx Excel 2007テンプレート
*.xltm Excel 2007マクロ有効のテンプレート
*.xlam Excel 2007アドイン
■ Microsoft Office PowerPoint 2007
*.pptx PowerPoint 2007プレゼンテーション
*.pptm PowerPoint 2007マクロ有効のプレゼンテーション
*.potx PowerPoint 2007テンプレート
*.potm PowerPoint 2007マクロ有効のテンプレート
*.ppsx PowerPoint 2007スライド・ショー
*.ppsm PowerPoint 2007マクロ有効のスライド・ショー
*.ppam PowerPoint 2007マクロを有効にしたアドイン ×
*.sldx PowerPoint 2007スライド ×
*.sldm PowerPoint 2007マクロを有効にしたスライド ×
*.thmx PowerPoint 2007 Office テーマ ×

3.適用後の注意

Office 2007の新機能を利用して作成したデータを開くと、一部の情報が削除される場合があります。
サポートできない機能がある場合、注意メッセージが表示されます。


▲Excel画像例

▲Word画像例


旧バージョンのOfficeで2007形式のファイルを開いた際に新機能が別の機能として認識される場合がありますが、別機能として手を加え上書きしてしまうとOffice 2007で新機能を再編集できなくなる場合があります。
Office 2007の新機能を再編集する可能性がある場合は上書き保存せずに、旧形式で別ファイルとして保存して利用しましょう。

■再編集できなくなった例

Word 2007 SmartArt機能を旧バージョンで背景色をつけ、上書き保存後、Word 2007で開いてもただの画像として認識されてしまいSmartArtとして再編集できません

4.参考URL

情報システム課