東京経済大学

MENU

VPN接続サービス

1.はじめに  2.利用するにあたって  3.利用方法  4.仕様

1.はじめに

「VPN(Virtual Private Network)」とは、学外からインターネット経由で学内ネットワークへの安全なアクセスを可能にするサービスです。VPNの利用により、学外から「学内からのみ利用可能なサイト」へのアクセスが可能になります。

●利用対象者
TKU_NETのユーザIDの取得者
●利用可能な場所
学外からインターネットに接続できる環境があること。
(例.自宅からの場合、プロバイダ契約をしていること)

<クリックで拡大>

※本学のVPNは「SSL-VPN」による接続サービスです。(詳細は4.仕様を参照)


2.利用するにあたって

利用用途
学外(自宅等)から以下のような「学内限定WEB」を利用することが可能です。
学内限定
WEBサービス
図書館管轄の学内限定データベース(日経BP記事検索,LexisNexis 等)
※データベースによっては、VPNでの利用を禁止しているものもあります。
情報システム課の学内限定サービス(パスワード変更、教職員グループウェア 等)
大学内WEBサーバの学内限定ページ(教員作成サイトの学内限定ページ等)

事前に「WindowsUPDATEの実行」「ウィルス対策ソフトの導入」等、PCにセキュリティ対策を行ってください。


3.利用方法

1.「情報システム課TOPページ」上の[VPN]アイコンをクリック。

2.以下「LOGIN画面」が出ます。
TKU_NETの「ユーザID」「パスワード」を入力しLOGIN。→ [TOP画面]が表示されます。(VPN接続成功)

■LOGIN 画面
■TOP画面

3.例えば図書館の学内限定サイトへアクセスする場合は、上記TOP画面の「図書館ホームページ」をクリックしアクセスします。 ([ブラウズ]欄にURLを入力でもアクセス可能です。)

ブックマーク機能を使おう。
よく利用するページがある場合、リンクを追加すると便利です。(自分専用のリンクになります)

○追加方法 : ログイン後TOPページの「」ボタンをクリック(下図参照)。画面に従い追加。

4.VPN接続でのWEBアクセス中は、常にブラウザ上にボタンが表示されています(下図参照)。
利用終了の際は、このボタンのドアマークをクリックしてください。VPN接続が終了します。

※同時接続数に上限があるため、長時間の接続はご遠慮下さい。


4.仕様

  • SSL-VPN」(SSL:Secure Socket Layer)
    これは、ブラウザの「SSL機能」で暗号化を行う技術であり、SSL対応のWWWブラウザがあれば利用できます。VPN接続になっているのはWebブラウザ内だけで、他の通信には影響しません。
    ※参考ページ 「SSL-VPNの説明」(@ITより)
  • 利用可能なプロトコルは、HTTP/HTTPS です。(FTP,TELNET,SSH等の利用はできません)
  • 以下の条件を満たした場合、自動的にVPN接続が切断されます。(プロバイダ接続の切断ではありません。)
    連続利用時間が2時間に達した時。
    同時利用者数に制限があるので、長時間の接続はご遠慮ください。(上記時間値は利用動向により随時変更します)

    ※以下条件は廃止としました。
    何も操作しない時間が30分経過したとき。 (廃止。 2010.03.09)

情報システム課