東京経済大学

MENU

【訃報】依田精一名誉教授逝去

[2016.12.17]

依田精一東京経済大学名誉教授が2016年12月16日(金)13時25分、肝臓がんのため永眠されました(享年88)。喪主は次女彩(あや)さん。通夜は12月18日(日)19時から、葬儀は12月19日(月)13時から、金蔵寺(港区元麻布1-6-19、TEL03-3451-7854)で行われます。

依田名誉教授は、1963年4月に本学経済学部専任講師として着任され、1964年4月より経済学部助教授に昇任、1974年4月より経済学部教授。1999年3月に退任され、同年5月に東京経済大学名誉教授の称号を授与されました。法学博士(2002年3月九州大学より学位取得)。

専門は家族に関する法社会学研究で、本学では法学教育を重視した法学系教員の重鎮として重要な役割を果たし、2000年4月の現代法学部開設の基盤づくりをされました。主な著書として『石炭不況と地域社会の変容』(共著)法律文化社1963年、『日本の現代法』(共著)法律文化社1983年、『女性学概論』(共著)亞紀書房1986年、『家族思想と家族法の歴史』吉川弘文館2004年、などがあります。

大学ニュース