東京経済大学

MENU

ワンコインで朝食が食べられる!~「100円朝食」2017年度もスタート

[2017.04.12]

東京経済大学では、2017年4月10日(月)から葵陵会館1階生協の大学食堂で「100円朝食」がスタートしました。
100円朝食は、在学生の保護者らで組織される「東京経済大学父母の会」と大学生協の協力で、学生に朝食を食べる習慣を身につけてもらうとともに、栄養バランスの取れた食事をしてもらい、健康増進を図る目的で実施されています。

100円朝食のメニューは、ごはんと小豚汁、唐揚げやコロッケなどの日替わりのおかずが1品と、ほうれん草のおひたしや切干大根などの副菜から2品が付いたセットとになっており、父母の会で生協通常価格1食あたり300円のところ、200円を負担し、ワンコインでの提供を実現しています。

100円朝食は、2014年度にスタートし、今年で4年目になります。2015年度から土日祝日を除く全授業日程で実施しており、2015年度はのべ14,000名、2016年度はのべ15,150名の学生が利用しました。

授業期間スタート直後の4月11日(火)は、部活の朝練終わりの学生や1時限目に備えて早めに通学した学生が大学食堂を訪れ、朝食を味わっていました。
利用した学生は「100円でこれだけ食べることができるのはうれしい。ぜひずっと続けてほしい」「ワンコインなので、食費が安く済んで助かっている」などと感想を述べていました。

100円朝食は学部学生を対象に、8:00〜8:50の間、1日100食限定で実施しています。1期は7月21日(金)まで行われ、2期は9月21日(木)~2018年1月22日(月)の日程(冬期休暇を除く)で実施される予定です。


取材:学生記者 経営学部2年 川村塁

大学ニュース