東京経済大学

MENU

【保険毎日新聞6/15】経営学部柳瀬典由ゼミ生による論文が優秀論文として学術誌への掲載が決定

[2017.06.19]

全国の大学で保険論やリスクマネジメントを学ぶゼミナールが研究交流を行っている全国学生保険学ゼミナール(RIS)では学生による優秀論文を選出して学術誌への掲載を推薦しています。2017年6月15日(木)付け保険毎日新聞では、今回の優秀論文2本のうちの一つに本学経営学部の柳瀬典由ゼミ生の執筆した論文「企業の現金保有リスク~『保険』としての現金保有かエージェンシーコストか?~」が選出され、生命保険文化センター刊「生命保険論集」(第199号、2017年6月刊行)への掲載が決定したことが紹介されました。

RISの優秀論文制度は2015年にスタートし、柳瀬ゼミ生が執筆した論文は毎年優秀論文に選出されるという成果を挙げており、学部生のみによる論文が初めて「生命保険論集」に掲載されることとなった2015年以来、3年連続3回目の掲載が決定したことになります。

大学ニュース