東京経済大学

MENU

【訃報】廣井敏男名誉教授逝去

[2017.08.31]

廣井敏男東京経済大学名誉教授が2017年8月30日(水)、胃潰瘍による消化管出血のため永眠されました(享年83)。喪主は妻和子さん。通夜は9月2日(土)18時から、葬儀・告別式は9月3日(日)12時から、セレモア東大和会館(東大和市南街1-11-9、TEL0120-470-470)で行われます。

廣井名誉教授は、1969年4月に本学経済学部助教授として着任され、1978年4月に経済学部教授に昇任。2000年4月より現代法学部教授。1992年4月から1994年3月まで短期大学部長を務められました。2004年3月に退任され、同年5月に東京経済大学名誉教授の称号を授与されました。理学博士(1965年3月東京大学大学院より学位取得)。

専門は自然科学、生物学。精力的な活動で、トトロの森の環境保全をはじめ自然環境保護にも尽力されました。主な著書として『林のどんぐり』新日本出版社1982年、『新・環境科学への扉』(分担執筆)有斐閣2001年、『雑木林へようこそ!―里山の自然を守る』新日本出版社2001年、『里山はトトロのふるさと』(旬報社ブックス)旬報社2004年などがあります。

大学ニュース