東京経済大学

MENU

【産経新聞10/22】卒業生が経営する老舗菓子舗の歴史を紹介

[2017.10.23]

秋田の菓子舗榮太楼は明治16年の創業。この老舗を切り盛りする社長が本学卒業生の小国輝也さん(1986年経営卒)です。2017年10月22日(日)付け産経新聞地方面の「老舗あり」のコーナーでこの菓子舗榮太楼の栄枯盛衰が取り上げられ、コメントを寄せた小国さんが写真入りで紹介されました。

バブル崩壊の頃に社長に就任した小国さんが、長い歴史の中で多角化していった事業を整理し、本業のオリジナル和菓子作りに特化することで危機を乗り切ったこと、かつて経営していた旅館榮太楼でのつながりから、「東海林太郎記念館」や「大鵬ギャラリー」をオープンしたことなどが紹介されています。

大学ニュース