東京経済大学

MENU

【東洋経済オンライン】石川雅也ゼミと金鉉玉ゼミが目隠しチョコテイスティング、ブランド力と企業価値の考察記事で紹介

[2017.11.11]

本学経済学部の石川雅也ゼミと経営学部の金鉉玉ゼミが資産運用会社のスパークス・アセット・マネジメント株式会社と共同で、チョコレートのブラインドテイスティングを行った様子が、2017年11月10日(金)付けの東洋経済オンラインで紹介されました。

この試みは、石川ゼミと金ゼミの合同授業で行われたもので、海外のチョコレートと日本のチョコレートを目隠ししたまま食べ比べてどちらが好きかを判断してもらい、海外のチョコと約8倍の価格差がある日本のチョコの味の差はどの程度なのかを調べたものです。記事によりますと「このブラインドテイスティングの狙いは、ブランド力と企業価値について考えることにある」とした上で、今回の結果から、日本企業がブランド価値をうまく価格転嫁できているのかといった考察を行っています。

関連リンク

大学ニュース