東京経済大学

MENU

【熊本日日新聞1/6】本学卒業生の老舗社長が熊本地震から目指す創造的復興

[2018.01.09]

2016年4月に発生した熊本地震の爪痕がいまだ残る中、「市内中心部再開発のトップランナーとしてオープン」した大型商業施設「COCOSA(ココサ)」。この施設の立ち上げに尽力したひとりとして、本学卒業生で老舗の靴・かばん店「櫻井總本店」社長の櫻井貴浩さん(1987年経営卒)が2018年1月6日(土)付け熊本日日新聞に写真入りで紹介されました。

熊本市の中心部でも建て替えを余儀なくされているビルが点在する状況に、「これから解体する企業にとっては、やっとの思いで迎えるスタート。大変だがリニューアルを魅力アップにつなげ、商店街全体で創造的復興をめざしていくしかない」と語る櫻井さんのコメントが紹介されています。


大学ニュース