東京経済大学

MENU

学生による作品展「わたしをメディアする」が国分寺市内のギャラリーで開催

[2018.01.19]

東京経済大学コミュニケーション学部の学生による作品展「わたしをメディアする」が、2018年1月11日(木)から18日(木)まで、国分寺くるみギャラリーと634展示室で開催されました。

展示を行なったのは、中村理恵子東京経済大学コミュニケーション学部客員教授が講師を務める「身体表現ワークショップ」「表現と批評2017」「メディア制作ワークショップ」を履修する学生です。期間中には記念イベント「はじまらないシンポジウム」や、講評会を兼ねたギャラリーツアーも行われました。

国分寺くるみギャラリーでは「身体表現ワークショップ」「表現と批評2017」で制作した「シェイクスピアズダイアログ2017」の展示が行われました。「シェイクスピアズダイアログ」とは、「Shake(振る)Spears(槍)Dialog(対話)」という意味の造語だそうです。杖の両端にLEDを装着したものを使って、それらによって拡張された身体の動きを、画像や映像で見えるようにする試みです。ギャラリー内には、杖道の形(型)を可視化した写真や、光る尾を用いてメスにアピールをするという「仮想人類トケコム」のオスの求婚を想定した映像など、光の軌跡が印象的な作品が並びました。

634展示室では「メディア制作ワークショップ」の履修生による雑誌や新聞などの紙媒体の切り抜きを用いたコラージュで「わたし」を表現した作品が展示されました。美人再構築「わたしの名前は?」と題され、コラージュをお面にしたものを、違う人につけてもらうことで「わたし」を俯瞰でみる様子をまとめた映像や、作成したコラージュを、デジタルとインターネットを使って、作者とは別の人が再構築した作品も披露されました。

取材:学生記者 経営学部3年 濱田貴浩

大学ニュース