東京経済大学

MENU

【琉球放送2/20、琉球新報・沖縄タイムス2/21ほか】大久保奈弥准教授が沖縄のサンゴ移植に関してコメント

[2018.02.26]

沖縄県・辺野古沖に生息する希少なサンゴの移植を県が許可したことに対して、市民団体が抗議を申し入れたことを報じた、2018年2月20日(火)放送の琉球放送ニュース番組および2月21日(水)付け琉球新報・沖縄タイムスの2紙でそれぞれ、サンゴ研究の専門家として本学経済学部の大久保奈弥准教授のコメントが紹介されました。

大久保准教授はこれまで沖縄で官民が実施してきたサンゴの移植事業によるサンゴの死亡状況を例示した上で、「移植ではサンゴを確実に生き残らせることはできない」と指摘しています。

また、これらの記事に続いて琉球新報では、サンゴ保全の在り方などに関して大久保准教授へのインタビューを行い、その内容を2018年2月25日(日)付け記事に写真入りで紹介しています。

大学ニュース