東京経済大学

MENU

JR中央線広告「ゼミする東経大」更新!3月は大久保奈弥准教授

[2018.03.01]

3月のゼミする東経大

東京を東西に貫くJR中央線快速(一部各駅停車)の各車両窓上に掲出している東京経済大学の広告シリーズ「ゼミする東経大」が2018年3月に更新されました。

第36回目となる今回は、生命の科学等の授業を担当する大久保奈弥准教授が「文化系と思っていた私が生き物の面白さにはまっている!」のコピーで登場しています。

本学ウェブサイトでは、JR広告と連動して大久保准教授のインタビューを掲載しています。大久保先生は「生物多様性を失うことは、食物の供給のみならず、水の浄化や災害防止といった私たちの暮らしを守る機能や、豊かな観光資源などを失うことでもある」と生物多様性の重要性を語っています。

また、ゼミ生の声では「ゼミでは、常に自分たちが主体的に動くことが求められるのでやりがいがあります」「私は人前で話すことがあまり得意ではなかったのですが、ゼミに入ってから積極的に意見を言えるようになってきた気がします」など大久保ゼミで学ぶ学生たちの声を掲載しています。

大学ニュース