東京経済大学

MENU

大学進学を考え始める高校生にむけた、学部選びの指南書『ガクブック』改訂版を無料配布

[2018.03.02]

ガクブック第5版表紙

東京経済大学では、大学進学を意識し始めたものの大学や学部選びに迷う高校生と保護者、高校の教員などを対象とする、大学・学部選びガイド『ガクブック』の第5版の無料配布を始めました。

 『ガクブック』は、常日頃から高校の教育現場や相談会で高校生と接する東京経済大学の広報課・入試課スタッフが、「ホームルームや進路指導で使えるガイドがあればいいのに」とアイデアを出し、2010年7月に誕生しました。誕生から7年半、約3万冊の『ガクブック』が進路相談会や高校内での説明会、大学への直接の資料請求等で多くの受験生やその関係者に届けられてきました。

 同書の特徴は、宣伝色をあえて払拭し、イラストや分かりやすい事例紹介を交え、進路選択をする高校生の目線でストーリーが展開される点が挙げられます。大学の広告や特色を記したパンフレットや情報誌などの情報があふれる中、「志望校や学部を選ぶ上での基準やヒントが分かりやすく書かれた指南書」として使ってもらうためです。

 監修したのは、コピーライター出身の関沢英彦(せきざわ・ひでひこ)東京経済大学名誉教授。「ガクブック」発刊から7年半、VRやドローン、AIなど発刊当初はメジャーでなかった科学技術が進歩し、「ガクブック」も時代にあわせてリニューアル。大学入試制度が変わろうとしている中、高校生の進路選択に益々欠かせない存在になることを願っています。

【概要】
『ガクブック』第5版
第一章 大学に行く意味は?
第二章 学部選び物語
第三章 学部選びのチェック&チェック
第四章 学部選びのよくある質問集!

大学ニュース