東京経済大学

MENU

三度の「伊達一本締め」!

2017年06月22日

会が盛り上がったときの中締めとしてしばしば使われる手拍子に、「三本締め」と「一本締め」があります。三本締めの場合は、「よおー、○○○、○○○、○○○―○。よー、○○○、○○○、○○○-○。よー、○○○、○○○、○○○-○」。それに対して、「一本締め」は、「よおー、○」となります。○に入るのは、いうまでもなく手拍子です。

ところが、「よおー、○○○。よおー、○」という手拍子で、会がおひらきとなったのです。場所は、伊達家の街として発展した仙台。その手拍子は、「伊達の一本締め」というそうです。

一回目の「伊達の一本締め」は、「天之舞月組」が演じる「仙台すずめ踊り」の終了時でした。
②.jpg

二回目の「一本締め」は、葵友会宮城支部結成75周年記念総会および懇親会の終了時でした。この会は、2017年6月17日(土)に仙台国際ホテルを会場にして開催されました。スタートは、南谷裕洋支部長のあいさつ。私自身も、「経済小説の楽しみ方」という講演会の講師として、75周年記念総会を応援させていただきました。上述の「すずめ踊り」は、懇親会のアトラクション演舞として行われたものです。出席者は、平成に卒業された5名を含め、総勢40名。楽しくて、にぎやかな会となりました。年間行事のなかに、コボスタ宮城で「楽天を応援する企画」が含まれていたのは、やはり宮城支部ならではの企画かもしれませんね。
①.jpg

そして三回目の「一本締め」は、二次会でカラオケの会が行われた会場においてのこと。ちなみに、カラオケ名人の集まりのような会で、歌う人歌う人がいずれも極上の歌い手で、びっくりさせられました。

75年の歴史を築かれた葵友会宮城支部の先輩たちのご苦労を忍びつつ、周年行事は、「伊達の一本締め」とともに無事終了のはこびとなりました。
③にする.jpg

学長ブログ
「進一層」だより