東京経済大学

MENU

ワクワク・ハラハラ・ドキドキ

2017年09月22日

9月9日(土)、本学硬式野球部の試合を観戦しました。場所は飯能市民球場。内野は土、外野は天然芝のグラウンドです。球場の周囲は、ホーム・三塁側からセンター方面にかけては、小高い丘とこんもりとした木々の緑に囲まれており、見た目にも落ち着いた雰囲気の球場です。

ところで、野球の魅力とは、なんでしょうか? 私見ですが、まず、一球ごとにゲームの状況が大きく変わり、その都度、立てられる戦略も変化していくこと。とはいえ、サッカーやラグビーなどとは異なって、野球の場合は、戦略を考える時間がそれなりに長くあります。その間にサインを通して、監督・コーチと選手との間での戦略の伝達が行われるわけです。次に、たとえいい打球が放たれても、野手にとられてしまうと、アウトになってしまう。つまり、野手にとられない確率は、三割程度とそれほど高くないことといったところでしょうか。

では、応援の醍醐味とは、なんでしょうか? それは、そうした魅力を感じとりながらも、応援したいと思っているチームの一挙一動に対してワクワク・ハラハラ・ドキドキを一心不乱に味わうことだと思いました。

6回表、対戦相手である明治学院大学の攻撃。2アウトながら満塁、ピッチャーが酒井さんから山田さんに交代。もし打たれたら...。思わず、祈りにも似た気持ち!

9回表、2アウト満塁。打ち取れば、ゲームセットで勝利。しかし、もし、ホームランが出れば逆転されてしまう! 

最後までヒヤヒヤさせられたわけですが、明治学院大学との試合は、7対4で勝利を収めました。一塁側の応援席に陣取り、応援の醍醐味を満喫した一日となりました。
DSC_0078[1].jpg

学長ブログ
「進一層」だより