東京経済大学

MENU

二つの記念品~記念誌とDVD

2017年10月30日

10月吉日、東京経済大学写真研究会から、創部85周年記念を祝う資料をいただきました。その資料とは、『東京経済大学写真研究会のOB会報』『同研究会 創部85周年記念』(記念誌)、『東京経済大学写真研究会 創部85周年』(DVD)の三点です。

『OB会報』には、今年の7月2日に開催された記念祝賀会の模様が紹介されています。マレーシアから駆け付けた方も含めて、参加者は総勢80名。にぎやかで、和やかで、笑顔にあふれた会の雰囲気が伝わってくる内容となっていました。

85周年を記念する記念誌には、OB会長の田原弘行さんのあいさつ文(「写真研究会85周年に思って」)、私のあいさつ文(「『見えるという力』を『見る力』に変えるもの」)、葵友会会長の鈴木健二さんのあいさつ文(「写真部創部85周年に寄せて」)をはじめ、卒業生のあいさつと作品が収録されています。
①DSC_0090[1].jpg
田原さんによると、創部された頃のメンバーたちは、「家が買えるほどの高価なカメラを持ち作品を撮影していた」ようです。ちょっとビックリですね。

『東京経済大学写真研究会 創部85周年』(DVD)のプロローグでは、創部された時代の状況がドラマチックに紹介されています。そして、創設者5名の写真をはじめ、1932~2017年における写真研究会の活動がよくわかるコンテンツになっています。バックグラウンドミュージックとの相性も非常に良く、まるで映画を見ているような感覚でした。
②DSC_0091[1].jpg
モデル撮影会、学内展、学外展、キャラバン隊の経験、他大学の学生たちとの交流、夏合宿、春合宿などが、走馬灯のごとく紹介されていきます。構成・編集を担当された荒川弘之さん(昭和50年卒)の編集力・構成力が十二分に発揮されたものに仕上がっています。

周年事業では、しばしば記念誌が編集されます。それを完成させるだけでも、ずいぶんと多くの方々の協力と時間が必要になります。したがって、記念誌の上にさらにDVDの作成となると、本当に大変なご努力があったのではないかと考えてしまいます。しかしながら、今回の写真研究会のように、記念誌とDVDがうまく補いあい、良質な記念品に仕上がっているという事実に接しますと、そうした文字と画像による「二つの記念品」の作成に関わられた方々のご尽力も報われたのではないかと思った次第です。

学長ブログ
「進一層」だより