東京経済大学

MENU

地域インターンシップ実習報告集

2017年11月28日

11月22日(水)、2017年度の地域インターンシップ成果報告会がありました。地域インターンシップとは、「東京経済大学・国分寺地域連携推進協議会」の事業のひとつ。スタートしたのは2004年10月ですので、今年で13年目を迎えることになります。同協議会を構成するのは、国分寺市役所・国分寺市商工会・本学の三者で、地域振興・地域活性化を目的として創設されています。

インターンシップの成果は、二つの形で報告されます。ひとつは、履修した学生のみならず、受け入れ先の企業の関係者にも参加いただいて実施される学生たちによるプレゼンテーション。もうひとつは、成果報告書です。ここでは、成果報告書のほうを紹介したいと思います。
DSC_0097[1].jpg
成果報告書では、学生たちが受け入れ先企業で経験したこと、感じたことがまとめられています。「実習の目標」「受入先」から始まり、「実習の内容(プログラム)」では、実習先での毎日の経験が綴られていきます。そして、「まとめ」のところでは、「目標が達成されましたか」「実習を通して学んだこと」「今後の目標」「インターンシップ希望者へのアドバイス」が記されています。マナー、目標や課題の設定、笑顔、チャレンジ精神、積極性、ホスピタリティ...。仕事をするうえで大切なことのほとんどが記されているといっても過言ではありません。
DSC_0061.JPG
インターンシップは、学生たちにとっては、まさに「仕事との最初の出会い=ファースト・コンタクト」。彼らは、卒業後、長きにわたって仕事と関わっていきます。将来、仕事のことでさまざまな悩みや不安を抱えることになることでしょう。そのようなとき、「初心に帰る」ことが悩みや不安の克服に寄与することがあります。したがって、学生たちには、この報告集を一つの原点として位置づけてほしいのです。身近において、参照し続けていくことを願っております。
DSC07247.JPG

学長ブログ
「進一層」だより