東京経済大学

MENU

就職活動と「過去・現在・未来シート」

2017年12月20日

12月6日(水)、インターンシップ全体成果報告会が開催されました。本学で実施されているインターンシップのプログラムに参加した学生たちの代表者が、受け入れ機関の方々の前で成果報告を行いました。
①IMG_7052.JPG
あいにく、学生たちのプレゼンテーションを聞けませんでしたので、ここでは、少し長くなるのですが、当日の学長挨拶の一部を紹介したいと思います。

「学生の皆さんは、これから本格的な就職活動に突入していくわけですが、最も大切なことはなにかといいますと、私は自己認識だと考えております。つまり、他の人の評価もふまえ、『自分はこういう人間である』ということを十分に理解することが肝要なのです。
②IMG_6992.JPG
では、自己認識は、どのようにすれば行うことができるのか? そこで、自己認識を促すツールとして、勝手に『過去・現在・未来シート』と名付けたものを推奨してきました。『過去にやってきたこと』『現在やっていること』『将来やりたいこと』をA3サイズの紙に書いてもらい、過去・現在・未来という時間軸のなかで自分を位置づけてみることをアドバイスしてきたわけです。学業に関するものだけではなく、習い事、趣味・特技、部活、スポーツ、リーダーシップ、ボランティア、アルバイト、海外経験など、なんでも書き込み、各々の項目ごとに説明を加えてもらいます。具体的には、『何年間続けたのか』『これまで行ったことを数値化するとどうか』『どのような大会に出場し、成績はどうだったのか』『どのような壁にぶつかったのか、挫折を味わったのか』『そのとき、どのように克服したのか』『それぞれの活動ではどのような工夫を凝らしたのか』などです。そして、同じ項目があれば、『過去→現在・未来』もしくは『現在←未来』というようにそれらを線で結んでいきます。過去・現在・未来というつながりを確認するためです。

このシートに基づいて、これまで多くの学生たちにキャリア指導を行ってきたのですが、シートを見るたびに驚かされるのは、学生たちが経験してきたことの幅の広さと奥深さです。そして、この作業を通じて確信できたのは、だれしもが、ほかの人と差別化を図れる自己PRの素材をもっているという事実と、どのような活動からでも自らの能力の向上と自信の確立を図っていけるということです。
③IMG_7010.JPG
われわれの人生設計は、『過去にやってきたことを未来にどのようにして発展させていくのか』もしくは『将来やりたいことから逆算して、いまやるべきことをいかにして確認するのか』というふたつの方向から行われていきます。いずれの方法でも、突き詰めていくと、自分とはこういう人間だということを理解することができるわけです。

皆さんは、今回インターンシップを通して自分の世界を広げられました。そこで、その経験も生かした自己認識・自己分析にも取り組んでいただきたいと思います」。

学長ブログ
「進一層」だより