東京経済大学

MENU

経営学部山本聡ゼミのグループが予選を突破、「知財を活用したビジネス創出(大学連携)」の事業審査会(予選会)が開催

[2018.02.05]

 2018年2月1日(木)、西武信用金庫本店8階ホールで西武信用金庫 産学連携事業「知財を活用したビジネス創出(大学連携)事業審査会(予選会)」が行われました。本学経営学部の山本聡ゼミ生、神原理ゼミ生のグループが出場し、6月下旬のキックオフからおよそ7カ月かけてつくり上げたビジネスプランを発表しました。

 この産学連携事業は、大手企業の技術を利用して地域企業が新規ビジネスを創出することを目的とし、富士通株式会社と株式会社イトーキより特許(知財)シーズを提供してもらい、新たなビジネス(商品)プランを文系の大学生が考案。その事業化を地域金融機関等が支援する取組みです。今年で4年目を迎え、本学は2回目の出場となります。

 予選会は、法政大学など、本学を含む5大学14チームが参加し、その結果、山本聡ゼミ生のグループ【チーム名:チームT.Y.Z 活用知財:印刷画像へのコード埋め込み技術(富士通)】が他3チームとともに、3月5日(月)開催の「知財活用スチューデントアワード」への進出を決めました。スチューデントアワードには各地の予選会を勝ち抜いた10大学11チームが出場します。

■関連リンク 「知財活用スチューデントアワード」

https://www.innovations-i.com/support_event/90.html

chizaikatuyoujizensinsakai.png

地域連携・地域貢献