東京経済大学

MENU

国分寺崖線について

本学国分寺キャンパスは東北に直角を持つおおよそ直角二等辺三角形の形状をしています。国分寺キャンパスの自然環境上の特徴として、国分寺崖線が貫いていることが挙げられます。国分寺崖線は武蔵野台地に多摩川が刻んだ河岸段丘地形のうち、武蔵野面と立川面の間にある崖の事を言います。立川から国分寺、小金井、三鷹、調布を通って世田谷まで20kmほど続く崖線沿いには一つ一つは小規模ですが樹林が点々とあり、全体として多摩地域を東西に貫く緑の回廊をなしています。国分寺キャンパスにも樹林があり、西の殿ヶ谷戸庭園、東の貫井神社境内・弁天公園と住宅地を挟んで連なっています。

P11_1101910.jpg

出典:国分寺市「震災対策基礎調査報告書(地形・地質地盤編)」(昭和50年)
国分寺キャンパスは図中の国分寺駅と野川の間に対応する段丘面におおよそ位置します

P11_2101910.jpg

新次郎池

武蔵野台地の基部には第四紀更新世前期に海底で形成された堆積岩の層が見られます。更新世中期に海岸線が後退した後、約7~10万年前に多摩川が流路を変えながら流れ武蔵野面となる扇状地ができました。そしてその堆積岩層の上部に礫層が作られました。武蔵野面の地下に見られる礫層は武蔵野礫層と呼ばれます。その後多摩川の流路の範囲が狭まることで浸食が進み、立川面ができました。武蔵野面・立川面ともに表面には約1~数万年前に堆積した火山灰からなるロームが見られます(武蔵野面では武蔵野ロームと立川ロームの二層、立川面には立川ローム一層が見られます)。武蔵野礫層は地下水の帯水面となり、これが崖部に露出した地点から湧水が生じています。国分寺崖線に点在する湧水からの水を集めて流れるのが本学の南を通る野川です。国分寺キャンパスにも東側の崖線下に湧水が見られ、この水は新次郎池を満たしたあと、野川に流れ出します。新次郎池は以前に山葵田として利用されていたものを整備したもので、2003年に東京の名湧水57選に選ばれています。

地域連携・地域貢献