東京経済大学

MENU

東京経済大学創立120周年記念事業募金のお願い

2020年、創立120周年

1900年、明治・大正期の財界の雄、大倉喜八郎は本学の前身大倉商業学校を設立しました。同校は大倉高等商業学校を経て、1949年東京経済大学となりました。2020年、東京経済大学は創立120周年を迎えます。
120年にわたる歳月の間に、本学は幾多の試練と課題に直面しましたが、その都度困難を克服し、建学の理念である「進一層」「責任と信用」を守り、こんにち4学部6学科1プログラム4大学院研究科を擁する社会科学系の有数の大学として、その地歩を確立しております。これはひとえに各界の皆さま並びに多くの卒業生の絶大なご支援とご厚意によるものと深く感謝申し上げる次第でございます。


「教学ビジョン 東経大チャレンジ2020」に基づく改革

本学は創立120周年を機に、伝統と特色を生かしつつ、これからの社会を創造する有為の人材を育成すると共に、教育研究体制の改革と施設の充実をめざして、記念事業を計画いたしました。教育研究の充実は、教学ビジョン「東経大チャレンジ2020」に基づいて改革を進めています。「教学ビジョン」は、「エデュケーション・クオリティ 自ら学ぶ、ゼミする東経大」「キャリア・クオリティ 安心の、就職力。」「サポート・クオリティ 自立を促す、多様な支援」「キャンパス・クオリティ環境との共生、地域社会との連携」という4つのクオリティの向上をメイン・コンセプトとしております。本学は、これらをさらに魅力的なものにするために、きちんと現状をふまえたうえで、課題を洗い出し、改革を実行していきます。


さまざまな120周年記念事業

教育研究活動の進展を支える施設・設備の充実としては、学生サークル活動の拠点となり、学生食堂を併設した「新葵陵会館(仮称)」と「新教育研究棟(仮称)」「新研究棟(仮称)」の建設を構想しています。また、駅伝大会での活躍をめざす学生支援、映像『学生たちのはじめて物語』の制作、本学の歴史と伝統を再確認し、未来につなげていくためのツールになりえる『はじめて物語』の刊行、「国際学生セミナー・国際ワークショップ」の開催、「地域と環境の再生と発展―多摩・東京・世界―」をテーマとした特別授業・シンポジウム・記念出版、『東京経済大学120年史』の編纂に取り組みます。さらに、2020年10月には本学発祥の地であるホテルオークラ東京での記念式典を計画しています。記念事業の概要につきましてはこちらをご覧ください。こうした企画については、今後も拡充していくことを考えております。


記念事業募金への協力のお願い

創立120周年記念事業は、所要資金90億円の一大事業であります。事業達成のため卒業生、在学生父母、法人役員、教職員、法人、団体及び一般有志の皆さまに総額20億円を目標として募金をお願いいたします。
各位におかれましては、この記念事業を具体化しました本学の意欲と構想をご理解くださり、格別のご協力を賜りますよう、心から切にお願い申し上げる次第でございます。

2017年7月

         
学校法人東京経済大学
理事長 後藤 鍈四郎
     理事長 後藤 鍈四郎        東京経済大学
      学長 堺 憲一
     学長 堺 憲一



大学紹介