東京経済大学

MENU

理事長メッセージ

学校法人東京経済大学 理事長 後藤 鍈四郎

2020年、創立120周年

1900年、明治・大正期の財界の雄、大倉喜八郎は本学の前身大倉商業学校を設立しました。同校は大倉高等商業学校を経て、1949年東京経済大学となりました。2020年東京経済大学は創立120周年を迎えます。120年にわたる歳月の間に、本学は幾多の試練と課題に直面してまいりましたが、その都度困難を克服し、建学の理念である「進一層(しんいっそう)」「責任と信用」を守り、こんにち4学部6学科4大学院研究科を擁する社会科学系の有数の大学として、その地歩を確立し得ました。

「進一層(しんいっそう)」の精神

「進一層」とは、大倉喜八郎の言葉で「困難に出合ってもひるまずに、なお一層前に進む、チャレンジする姿勢」を意味しています。本学はその特長である「4つのクオリティ」を通してチャレンジする学生を支援します。「4つのクオリティ」とは「エデュケーション・クオリティ 自ら学ぶ、ゼミする東経大」、「キャリア・クオリティ 安心の、就職力。」、「サポート・クオリティ 自立を促す、多様な支援」、「キャンパス・クオリティ 環境との共生、地域社会との連携」です。これら4つをメイン・コンセプトとし、これらをさらに魅力的なものにしていきます。

120周年記念事業への取り組み

教育研究活動の進展を支える施設・設備の充実としては、学生サークル活動の拠点となり、学生食堂を併設した「新葵陵会館(仮称)」と「新教育研究棟(仮称)」「新研究棟(仮称)」の建設を構想しています。ほかに、さまざまな学生支援、「国際学生セミナー・国際ワークショップ」の開催、「地域と環境の再生と発展―多摩・東京・世界―」をテーマとした特別授業・シンポジウム・記念出版、本格的正史である『東京経済大学120年史』の編纂にも取みます。これからも改革を進め、「東経大ブランド」を社会から高く評価されるように「2020年」に向けてチャレンジを続けてまいります。

2017年6月1日
学校法人東京経済大学 理事長
後藤 鍈四郎

後藤 鍈四郎(ごとう・えいしろう)理事長 略歴

1945年6月、埼玉生まれ。1968年東京経済大学経済学部卒業。1968年株式会社佐藤計量器製作所入社、1971年大阪支店勤務、1985年東京本社勤務、1989年6月同社取締役社長に就任(~2012年5月)。2012年同取締役副会長(~2015年6月)、2015年6月同相談役(~2016年6月)。
学校法人東京経済大学理事・評議員(2011年6月~)、東京経済大学葵友会会長(2014年6月~)。

大学紹介