東京経済大学

MENU

学長メッセージ

東京経済大学 学長 堺 憲一

「就職に強い大学」「面倒見の良い大学」「チャレンジする大学」をめざします!

皆さん、こんにちは。学長の堺 憲一です。

東京経済大学の前身となる大倉商業高校は、「東京における初の甲種商業学校」として、1900年に創設されました。今年で115年目を迎えます。建学の精神は、「チャレンジ精神」を意味する「進一層(しんいっそう)」です。

経済・経営・コミュニケーション・現代法という四つの学部・大学院研究科と教養という五つの領域が教育の柱になっています。いずれも社会で活躍するのに必要で、かつ最も基本的な学問領域と言えるでしょう。また、特進的な「アドバンストプログラム」は、特定の資格や職業への挑戦を支援するための制度です。

就職指導にも定評があります。「面倒見の良いキャリア支援」はもちろんですが、資格取得を支援する「キャリア・サポートコース」を運営しているのも大きな特色の一つです。

2014年4月以来、本学のHP上で「学長ブログ 進一層だより」を続けており、大学の行事、教育や課外活動などに関する思い・考え・感想などを紹介しています。多くの方々に見ていただけると、うれしいですね。

2015年7月1日
東京経済大学 学長
堺 憲一

堺 憲一(さかい・けんいち) 略歴
  • 1948年11月19日大阪府生まれ。
    1971年香川大学経済学部卒業。1973年名古屋大学大学院経済学研究科修士課程修了(経済学修士)。76年同大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学。1989年経済学博士(名古屋大学)を取得。1980年東京経済大学専任講師。助教授を経て89年から教授。94年4月~96年3月同大経済学部長・同大大学院経済学研究科委員長。2001年12月~04年3月学長補佐、06年4月~08年3月副学長。

大学紹介