東京経済大学

MENU

大倉記念学芸振興会



概要

大倉喜八郎記念学術芸術振興会は、本学の前身大倉商業学校の創立者大倉喜八郎の文化的貢献の志を継承して、学術芸術の振興とそれによる本学の社会への文化的貢献を中心に活動しております。

  1. 学術芸術活動の概要
    国の内外から
    • 著名な学者を招いての講演やシンポジウム
    • 著名な芸術家や活躍が期待される新鋭芸術家などを招いての公演
    などの学術、芸術活動を行います。
    これら諸活動の実施に際しましては、会員の皆様のご意見をお聞きしてすすめます。
  2. 会員及び会費
    • 正会員 5万円(年額)以上
    • 一般会員 1万円(年額)以上
    • 終身正会員 30万円以上
      (加入申し込み時 満65歳以上)
    • 法人会員 1口10万円
  3. 会員への特典
    ●正会員(終身正会員を含みます)・法人会員登録者
    (1) 大倉記念学芸振興会が主催する学術講演、芸術公演・展示などへの招待
    (2) 大学主要行事への招待(入学式、卒業式、各種シンポジウム等)
    (3) 図書館の利用
    (4) 市民大学講座の受講(無料)
    (5) 大学報・キャンパスネットワーク等の大学刊行物の送付
    (6) 理事長・学長主催による年1回の会員交流会への招待
    (7) ポーラ美術館施設利用
    ●一般会員
    (1) 大倉記念学芸振興会が主催する学術講演、芸術公演・展示などへの招待
    (2) 図書館の利用
    (3) 大学報・キャンパスネットワーク等の大学刊行物の送付
    (4) 理事長・学長主催による年1回の会員交流会への招待
    (5) ポーラ美術館施設利用
    ※大倉集古館は2013年度まで会員特典として施設利用が可能でしたが、2014年4月より改修工事のため、引き続き休館となりご利用になれません。
  4. 会費(寄付金)の税制上の優遇措置
    会費(寄付金)の額(但し、年間総所得額の40%が限度)が、2千円を超えた額について、所得税法に基づき当該年の課税所得から控除されます。
    免税の手続は、会費(寄付金)振込時に、郵便局または銀行から受け取る「払込金受領書」と後日、大学からお送りする「特定公益増進法人証明書(写)」を添えて、所轄の税務署に確定申告を行い所得税の還付請求をしていただくことにより免税措置を受けることができます。
  5. ご加入方法
    所定の「払込取扱票」で郵便局または最寄りの金融機関より指定の口座にお振込みください。(郵便局から振り込まれた場合、手数料は大学が負担します。)
    「払込取扱票」を入会申込書とさせていただきますので、通信欄の会員区分・年度区分・対象区分等は必ずご記入ください。
    2年度以上まとめて会費を振り込まれる方は、年度区分欄に必ず何年度分かをご記入ください。
  6. 役 員
    会 長 堺   憲一 東京経済大学学長
    副会長 大倉 喜彦 株式会社ホテルオークラ取締役会長
    公益財団法人 大倉文化財団理事・大倉集古館館長
    中央建物株式会社社長
    副会長 渡邉  尚 東京経済大学元教授
    京都大学名誉教授
    理 事 安城 欽寿 財団法人京都花鳥館理事長
    京セラ株式会社元代表取締役社長・昭和35年卒
    理 事 大平 惠吾 弁護士
    理 事 樫原 啓子 東京経済大学元学長室長(参事)・昭和42年卒
    理 事 新正 裕尚 東京経済大学経営学部教授
    理 事 長谷川 倫子 東京経済大学コミュニケーション学部教授
    理 事 田中  玄 東京経済大学父母の会元会長
    理 事 照木 信久 元リオン株式会社特別顧問
    理 事 増田 保武 欅友会会長

    <副会長・理事は五十音順>

大学紹介