東京経済大学

MENU

貸借対照表

貸借対照表 平成25年3月31日

資産の部
(単位 円)
科目 本年度末 前年度末 増減
固定資産   32,804,357,540   33,205,260,651 400,903,111
  有形固定資産   18,187,124,991   17,836,457,264   350,667,727
  土地   2,056,741,503   2,057,056,235 314,732
建物   8,866,585,247   9,150,041,881 283,456,634
構築物   455,006,304   503,032,915 48,026,611
教育研究用機器備品   523,616,902   494,655,747   28,961,155
その他の機器備品   18,740,027   22,671,650 3,931,623
図書   5,444,716,043   5,355,347,831   89,368,212
車輌   240,005   360,005 120,000
建設仮勘定   821,478,960   253,291,000   568,187,960
その他の固定資産   14,617,232,549   15,368,803,387 751,570,838
  電話加入権   3,780,928   3,780,928   0
有価証券   5,257,640,000   6,214,650,000 957,010,000
退職給与引当特定資産   3,060,722,160   3,103,181,806 42,459,646
大倉学芸振興会引当特定資産   10,779,301   10,889,646 110,345
瀧本記念奨学金引当特定資産   0   2,887 2,887
第2号基本金引当特定資産   2,482,859,055   2,651,047,015 168,187,960
第3号基本金引当資産   3,801,451,105   3,385,251,105   416,200,000
流動資産   6,739,493,283   5,131,362,389   1,608,130,894
現金預金   6,540,101,479   4,916,995,711   1,623,105,768
未収入金   189,853,618   206,621,375 16,767,757
短期貸付金   0   997,113 997,113
前払金   9,508,706   6,688,267   2,820,439
立替金   29,480   59,923 30,443
資産の部合計   39,543,850,823   38,336,623,040   1,207,227,783
負債の部
(単位 円)
科目 本年度末 前年度末 増減
固定負債   4,626,857,933   4,909,353,031 282,495,098
  長期借入金   1,562,450,000   1,799,940,000 237,490,000
長期未払金   3,685,773   6,231,225 2,545,452
退職給与引当金   3,060,722,160   3,103,181,806 42,459,646
流動負債   3,054,484,759   2,793,205,480   261,279,279
短期借入金   237,490,000   49,990,000   187,500,000
未払金   264,693,534   317,693,302 52,999,768
前受金   2,264,203,500   2,128,464,600   135,738,900
預り金   288,097,725   297,057,578 8,959,853
負債の部合計   7,681,342,692   7,702,558,511 21,215,819
基本金の部
(単位 円)
科目 本年度末 前年度末 増減
第1号基本金   27,105,351,149   26,803,278,651   302,072,498
第2号基本金   2,482,859,055   2,651,047,015 168,187,960
第3号基本金   3,801,451,105   3,385,251,105   416,200,000
第4号基本金   526,000,000   526,000,000   0
基本金の部合計   33,915,661,309   33,365,576,771   550,084,538
消費収支差額の部
(単位 円)
科目 本年度末 前年度末 増減
翌年度繰越消費支出超過額   2,053,153,178   2,731,512,242 678,359,064
消費収支差額の部合計 2,053,153,178 2,731,512,242   678,359,064
科目 本年度末 前年度末 増減
負債の部、 基本金の部及び
消費収支差額の部合計
  39,543,850,823   38,336,623,040   1,207,227,783
注記
  1. 重要な会計方針
    1. 引当金の計上基準
      1. 徴収不能引当金
        未収入金の徴収不能に備えるため、個別に見積もった徴収不能見込額を計上している。
      2. 退職給与引当金
        退職金の支給に備えるため、期末要支給額3,510,225,780円の100%を基にして私立大学退職金財団に対する掛金の累積額と交付金の累積額との繰入調整額を加減した金額を計上している。
    2. その他の重要な会計方針
      1. 有価証券の評価基準及び評価方法
        移動平均法に基づく原価法である。
      2. 預り金その他経過項目に係る収支の表示方法
        預り金その他経過項目に係る収支の表示方法は、純額表示である。
  2. 重要な会計方針の変更等
    重要な会計方針の変更等はない。
  3. 減価償却額の累計額の合計額.......................................10,068,228,610円
  4. 徴収不能引当金の合計額.............................................................................0円
  5. 担保に供されている資産の種類及び額
    担保に供されている資産の種類及び額は、次のとおりである。
    土地....................................................................................921,240,321円
    建物.................................................................................5,359,108,392円
  6. 翌会計年度以後の会計年度において基本金への組入れを行うこととなる金額.............1,642,321,225
  7. その他財政及び経営の状況を判断するために必要な事項
    1. 有価証券の時価情報
      (単位 円)
       

      当年度(平成25年3月31日)

      貸借対照表計上額
      時価
      差額
      時価が貸借対照表計上額を超えるもの 7,823,074,000 9,073,144,400 1,250,070,400
      (うち満期保有目的の債券) (5,049,924,000) (5,188,214,400) (138,290,400)
      時価が貸借対照表計上額を超えないもの 1,800,000,000 1,545,429,669 △254,570,331
      (うち満期保有目的の債券) (100,000,000) (99,980,000) (△20,000)
      合計 9,623,074,000 10,618,574,069 995,500,069
      (うち満期保有目的の債券) (5,149,924,000) (5,288,194,400) (138,270,400)
      時価のない有価証券 0 0 0
      有価証券合計 9,623,074,000 10,618,574,069 995,500,069
    2. 所有権移転外ファイナンス・リース取引
      通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理を行っている所有権移転外ファイナンス・リース取引

      リース物件の種類 リース料総額 未経過リース料期末残高
      教育研究用機器備品 36,063,720円 20,381,466円 
      その他の機器備品   1,453,380円 678,244円
    3. 関連当事者との取引
      関連当事者との取引は、次のとおりである。
    4. (単位 円)
      属性 役員、法人等の名称 住所 資本金又は出資金 事業の内容又は職業 議決権の所有割合 関係内容 取引の内容 取引金額 勘定科目 期末残高
      役員の兼任等 事業上の関係
      理事長 岩本 繁 - - - - - - 連帯保証(注1) 1,799,940,000 - -

    取引条件及び取引条件の決定方針等
    (注1)私立学校振興・共済事業団からの借入に対して連帯保証人となっている。なお、保証料の支払はない。

大学紹介