東京経済大学

MENU

貸借対照表

貸借対照表 平成26年3月31日

資産の部
(単位 円)
科目 本年度末 前年度末 増減
固定資産    31,530,115,975    32,804,357,540 1,274,241,565
  有形固定資産   20,316,779,578   18,187,124,991   2,129,654,587
  土地   2,056,741,503   2,056,741,503   0
建物   10,877,668,560   8,866,585,247   2,011,083,313
構築物   839,160,206   455,006,304   384,153,902
教育研究用機器備品   754,775,363   523,616,902   231,158,461
その他の機器備品   23,266,733   18,740,027   4,526,706
図書   5,519,671,753   5,444,716,043   74,955,710
車輌   120,004   240,005 120,001
建設仮勘定   245,375,456   821,478,960 576,103,504
その他の固定資産   11,213,336,397   14,617,232,549 3,403,896,152
  電話加入権   3,780,928   3,780,928   0
有価証券   3,433,823,494   5,257,640,000 1,823,816,506
退職給与引当特定資産   2,993,876,456   3,060,722,160 66,845,704
大倉学芸振興会引当特定資産   11,424,434   10,779,301   645,133
第2号基本金引当特定資産   550,282,057   2,482,859,055 1,932,576,998
第3号基本金引当資産   4,220,149,028   3,801,451,105   418,697,923
流動資産   9,187,570,024   6,739,493,283   2,448,076,741
現金預金   8,813,489,515   6,540,101,479   2,273,388,036
未収入金   346,003,923   189,853,618   156,150,305
前払金   8,560,332   9,508,706 948,374
立替金   19,516,254   29,480   19,486,774
資産の部合計   40,717,685,999   39,543,850,823   1,173,835,176
負債の部
(単位 円)
科目 本年度末 前年度末 増減
固定負債    4,629,376,744    4,626,857,933   2,518,811
  長期借入金   1,624,960,000   1,562,450,000   62,510,000
長期未払金   10,540,288   3,685,773   6,854,515
退職給与引当金   2,993,876,456   3,060,722,160 66,845,704
流動負債   3,089,055,025   3,054,484,759   34,570,266
短期借入金   287,490,000   237,490,000   50,000,000
未払金   125,242,399   264,693,534 139,451,135
前受金   2,390,054,240   2,264,203,500   125,850,740
預り金   286,268,386   288,097,725 1,829,339
負債の部合計   7,718,431,769   7,681,342,692   37,089,077
基本金の部
(単位 円)
科目 本年度末 前年度末 増減
第1号基本金    28,788,813,724    27,105,351,149   1,683,462,575
第2号基本金   550,282,057   2,482,859,055 1,932,576,998
第3号基本金   4,220,149,028   3,801,451,105   418,697,923
第4号基本金   526,000,000   526,000,000   0
基本金の部合計   34,085,244,809   33,915,661,309   169,583,500
消費収支差額の部
(単位 円)
科目 本年度末 前年度末 増減
翌年度繰越消費支出超過額   1,085,990,579   2,053,153,178 967,162,599
消費収支差額の部合計 1,085,990,579 2,053,153,178   967,162,599
科目 本年度末 前年度末 増減
負債の部、 基本金の部及び
消費収支差額の部合計
   40,717,685,999    39,543,850,823    1,173,835,176
注記
  1. 重要な会計方針
    1. 引当金の計上基準
      1. 徴収不能引当金
        未収入金の徴収不能に備えるため、個別に見積もった徴収不能見込額を計上している。
      2. 退職給与引当金
        退職金の支給に備えるため、期末要支給額3,398,450,892円の100%を基にして私立大学退職金財団に対する掛金の累積額と交付金の累積額との繰入調整額を加減した金額を計上している。
    2. その他の重要な会計方針
      1. 有価証券の評価基準及び評価方法
        移動平均法に基づく原価法である。
      2. 預り金その他経過項目に係る収支の表示方法
        預り金その他経過項目に係る収支の表示方法は、純額表示である。
  2. 重要な会計方針の変更等
    重要な会計方針の変更等はない。
  3. 減価償却額の累計額の合計額.......................................10,232,690,168円
  4. 徴収不能引当金の合計額.............................................................................0円
  5. 担保に供されている資産の種類及び額
    担保に供されている資産の種類及び額は、次のとおりである。
    土地....................................................................................921,240,321円
    建物.................................................................................7,077,262,524円
  6. 翌会計年度以後の会計年度において基本金への組入れを行うこととなる金額..........1,764,436,950円
  7. その他財政及び経営の状況を判断するために必要な事項
    1. 有価証券の時価情報
      (単位 円)
       

      当年度(平成26年3月31日)

      貸借対照表計上額
      時価
      差額
      時価が貸借対照表計上額を超えるもの 7,006,210,000 8,210,439,100 1,204,229,100
      (うち満期保有目的の債券) (5,564,160,000) (5,692,049,100) (127,889,100)
      時価が貸借対照表計上額を超えないもの 1,094,721,494 955,455,880 △139,265,614
      (うち満期保有目的の債券) (200,000,000) (195,480,000) (△4,520,000)
      合計 8,100,931,494 9,165,894,980 1,064,963,486
      (うち満期保有目的の債券) (5,764,160,000) (5,887,529,100) (123,369,100)
      時価のない有価証券 0 0 0
      有価証券合計 8,100,931,494 9,165,894,980 1,064,963,486
    2. 所有権移転外ファイナンス・リース取引
      通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理を行っている所有権移転外ファイナンス・リース取引

      リース物件の種類 リース料総額 未経過リース料期末残高
      教育研究用機器備品 32,542,020円 15,838,914円
      その他の機器備品   1,453,380円 387,568円
    3. 関連当事者との取引
      関連当事者との取引は、次のとおりである。
    4. (単位 円)
      属性 役員、法人等の名称 住所 資本金又は出資金 事業の内容又は職業 議決権の所有割合 関係内容 取引の内容 取引金額 勘定科目 期末残高
      役員の兼任等 事業上の関係
      理事長 岩本 繁 - - - - - - 連帯保証(注1) 1,562,450,000 - -

    取引条件及び取引条件の決定方針等
    (注1)私立学校振興・共済事業団からの借入に対して連帯保証人となっている。なお、保証料の支払はない。

大学紹介