東京経済大学

MENU

マスコミに紹介された東経大

2006年2月~2006年3月


3月28日
毎日新聞、「FujiSankei Business i」 、「 警報システム運用で報告書 ミサイル攻撃や津波対象 消防庁検討会 」と題し、 吉井博明 コミュニケーション学部教授が紹介される。
3月26日
毎日新聞 、「 だまされない!ネット購入5 」と題して、村千鶴子現代法学部教授が寄稿。
3月26日
北海道新聞、「 <訪問>三島憲一さん*『現代ドイツ』を書いた*繁栄の背後に多様な論戦」と題し、三島憲一経済学部教授が紹介される。
3月25日
「週刊ダイヤモンド」、堺憲一経済学部教授が「名著再読 『空の城』松本清張著」を書評。
3月23日
京都新聞、 26日大津市消費生活センターにて開催される「 消費生活テーマに26日講演会」と題し、 村千鶴子現代法学部教授が紹介される。
3月23日
「文藝春秋」、「知らないと恥をかく新語・新知識 PSEマーク」と題し、村千鶴子現代法学部教授のコメントが紹介される。
3月21日
西日本新聞 、「 福岡県/宮若市議選当選者/筑豊 」と題して、 関岡精一 さん('66年経済卒)の当選が紹介される。
3月21日
「住宅新報」 、「 不動産流通激戦地を行く有楽土地住宅販売本八幡営業所JR総武線本八幡駅(千葉 」と題して、 所長の 鈴木栄二 さん('84年経営卒)が紹介される。
3月20日
南日本新聞 、「 企画『未来への設計図-かごしま若手経済人』物流でネット商社狙う 」と題して、 アイテックス社長・六反俊一さん('94年経営卒)が紹介される。
3月19日
毎日新聞 、「 だまされない!ネット購入4 」と題して、村千鶴子現代法学部教授が寄稿。
3月18日
熊本日日新聞、「 地方から見る現在 歴史家・色川大吉さんに聞く 戦前との共通に『 もどかしさ』」と題して、色川大吉名誉教授が紹介される。
3月18日
スポーツ報知、「独断シネマ斬り」、粉川哲夫コミュニケーション学部教授が映画「かもめ食堂」を批評。
3月17日
「FujiSankei Business i」、本学にて開催される 「 東京経済大学が独の大学と共催で25日から社会科学シンポジウム」が紹介される。
3月16日
毎日新聞、 「 介助犬:シンシア、心の中で生きている 花に囲まれお別れ 」と題し、竹前栄治名誉教授のコメントが紹介される。
3月16日
中日新聞、 東京新聞、北海道新聞、 「 中古家電規制 国が緊急対策*メーカー重視?周知遅れ」と題し、村千鶴子現代法学部教授のコメントが紹介される。
3月16日
「FM南青山」、(インターネットラジオ局)、田島博和経営学部助教授が、 「あした天気になあれ」(20:30~22:00)にゲスト出演し、大学や教育について語る。23日の同時刻に再び出演予定。
3月16日
「週刊文春」、「東京経済大学教授に 大岡玲」と題し、大岡玲客員教授が紹介される。
3月15日
「日本近代文学館」、「蔵書の中から 学生時代に出会った本たち」と題し、石丸晶子経営学部教授が寄稿。
3月12日
毎日新聞、「だまされない!:ワイド版 どうして貸金業者は高金利?」と題し、村千鶴子現代法学部教授が寄稿。
3月12日
北國新聞、11日に開催された「 悪質商法への対処学ぶ 能登空港ターミナルビルでセミナー『くらしの早春セミナー』」と題し、村千鶴子現代法学部教授が紹介される。
3月10日
神戸新聞、「バックステージ スクリーンの食卓」と題し、粉川哲夫コミュニケーション学部教授のコメントが紹介される。

3月9日
北國新聞、「 9月以降に社会実験2カ月間実施 コミュニティバス運行で南砺市」と題し、青木亮経営学部助教授が紹介れる。
3月8日
毎日新聞、「もよおし:講演会『ギリシャ神話の文化性ほか』」と題し、25,26日本学にて開催される「シンポジウム『領域統合・分化過程における国家と地域―日独比較』」が紹介される。
4月3日
山陰中央新報、
3月25日
河北新報、
3月17日
京都新聞、
3月13日
静岡新聞、
3月8日
高知新聞、
3月7日
北日本新聞、「 体の距離感失う若者/東京経済大客員教授・大岡さん/『まずは話す能力向上を 』」と題し、大岡玲客員教授が紹介される。
3月6日
日刊工業新聞、「地域密着 さらに前進 西武信用金庫理事長 山崎正芳さん('68年経済卒)が紹介される。
3月5日号
「サンデー毎日」、「2006年入試 大学合格者数ランキング」と題し、本学が紹介される。
3月3日
読売新聞、「列島発 東京」と題し、本学の学園祭にて、宇宙展を開くことが開催される。

3月
洋書「 Japan's Changing Generations(G.Mathews/B.White共著)」にて、 桜井哲夫コミュニケーション学部教授が紹介される。
3月号
「ダイヤモンドセールスマネージャー」、「トップセールスたちの実像 」 と題し、井上清明さん('96年経済卒)のコメントが紹介される。
3月1日
朝日新聞、「NPO・NGO マリオン 『断絶の世紀』を超えるために――日本と朝鮮の歴史を再認識する 」 と題し、13日に開催される徐京植現代法学部助教授の講演会が紹介される。
3月1日
「THE STRATEGIC MANAGER」、「戦経インタビュー カリスマ社長が教える『儲かる仕組み』とは」 と題し、小山昇さん('75年経営卒)がインタビュー記事で紹介される。
2月25日
スポーツ報知、「独断シネマ斬り」、粉川哲夫コミュニケーション学部教授が映画「アメリカ、家族のいる風景」を批評。
2月24日
NHKラジオ第一放送「ラジオほっとタイム」(午後1時から5時)に大岡玲客員教授が出演予定。出演コーナーは、「ビュッフェ131」。
2月21日
毎日新聞、「あきる野市明治初期の『五日市憲法草案』関連資料デジタル化」と題し、色川大吉名誉教授が紹介される。
2月21日
スポーツ報知、「菅田俊がひったくり捕まえ警視庁から表彰 ドラマさながら犯人と格闘も」と題し、俳優の菅田俊さん('77年経営卒)が紹介される。
2月19日
毎日新聞、「だまされない!ネット購入2」と題し、村千鶴子現代法学部教授が寄稿。
2月19日
毎日新聞、「21世紀を読む 反体制の多様化促す」と題し、桜井哲夫コミュニケーション学部教授が寄稿。
2月18日
「週刊ダイヤモンド」、「募集力ランキング 第一志望者が多い大学は?」と題し、本学が6位で紹介される。
2月18日
BS-iの番組「荻野アカデミア」に大岡玲客員教授が出演。
2月16日
日本経済新聞、 「ニッポンの企業家7、松本重太郎」と題し、石井寛治経営学部教授のコメントが紹介される。
2月15日
日本経済新聞、 「ニッポンの企業家6、松本重太郎」と題し、石井寛治経営学部教授のコメントが紹介される。
2月15日
「広報あきる野」、「千葉卓三郎と五日市憲法草案」、「公開勉強会 『温故知新』五日市憲法草案に学ぶ地域性」と題し、色川大吉名誉教授が紹介される。
2月14日
南国早報(中国南部の有力紙)、中国広西壮(チワン)族自治区を中心に2,000万人近い人口を持つチワン族の原住民言語と伝統文化の保存のために活動しているウェブサイト「壮族在線」を中心に企画された、「2006春節壮族新歌会」(2006年2月3日)が行われ、松本光太郎コミュニケーション学部助教授がチワン族研究と資金援助の両面から寄与したことが紹介される。
2月13日
琉球新報、「八重瀬町長は中村氏『特質生かした地域に』」と題し、八重瀬町長に中村信吉さん('64年経済卒)が当選したことが紹介される。
2月13日号
「アエラ」、「併願大学が激変」と題し、本学が紹介される。
2月12日
毎日新聞、「だまされない!ネット購入1」と題し、村千鶴子現代法学部教授が寄稿。
2月12日
毎日新聞、「毎日育英会奨学生 05年度卒業祝賀会」と題し、田沢哲也さん(コミュ3年)が送辞を述べたことが紹介される。
2月12日
日経MJ、「リレー討論スケールメリット 異業種統合では効果薄」と題し、宮下正房副学長が紹介される。
2月11日
読売新聞、「立川市の防災計画初回会議 市民が策定に参加、24人委員に委嘱」と題し、吉井博明コミュニケーション学部教授が委員に選出されたことが紹介される。
2月9日
NHK「こんにちはいっと6けん」のコーナー「大学探検」で本学が紹介される。テーマは「国際交流」。
2月8日
日刊産業新聞、「JFEHD スチール・中村氏はコンテイナー副社長/社外監査役に若杉氏」と題し、若杉敬明経営学部教授が紹介される。
2月8日
夕刊フジ、「仕事のためが生きがいに」と題し、宮田穣さん(コミュ博士)と本学大学院が紹介される。
2月8日
日本経済新聞、「ニッポンの企業家、松本重太郎」と題し、石井寛治経営学部教授のコメントが紹介される。

2月7日
日本経済新聞、「東京経済大の若杉教授登用JFE監査役」と題し、若杉敬明経営学部教授が紹介された。
2月5日
毎日新聞、「だまされない!お金を借りる9」と題し、村千鶴子現代法学部教授が寄稿。
2月4日
スポーツ報知、、「独断シネマ斬り」、粉川哲夫コミュニケーション学部教授が映画「単騎、千里を走る」を批評。
2月号
「CIO Magazine」、「リスク・マネジメントの最前線―『ERM』の意義を考える」と題し、若杉敬明経営学部教授のコメントが紹介される。
2月号
「地中海学会月報」、荻内勝之コミュニケーション学部教授訳『ドン・キホーテ』が紹介される。
2月号
「オール読物」、大岡玲客員教授が短篇「母恋い」を寄稿。

大学紹介