東京経済大学

MENU

マスコミに紹介された東経大

2006年10月~2006年11月


11月29日
毎日新聞、「見る:ハワイアン大喜利 えにす寄席」と題し、春風亭柏枝さん('80年経営卒)紹介される。
11月28日
読売新聞、「地域防災力の重要性考える 甲府でシンポジウム」と題し、吉井博明コミュニケーション学部教授が紹介される。
11月27日
上毛新聞、「欧米の服飾文化支えた 本県絹遺産に新たな評価 石井教授前橋で講演」と題し、石井寛治経営学部教授が紹介される。
11月27日
東京新聞、「高齢者大歓迎 門戸広げる大学・大学院」と題し、横塚紘一さん(シニア研究生)が紹介される。
11月25日
スポーツ報知、「シネマ斬り」と題し、粉川哲夫コミュニケーション学部教授が映画「椿山課長の七日間」を批評。
11月24日
電気新聞、「産構審小委 エネ間競争を評価 産業、家庭用市場別に」と題し、糸田省吾現代法学部教授が紹介される。
11月24日
電気新聞、「産構審小委がガス市場競争評価で提言 価格差要因分析を」と題し、糸田省吾現代法学部教授が紹介される。
11月23日
読売新聞、「[論点]北方領土問題 日本の対応、立て直しを」と題し、兵藤長雄現代法学部教授が寄稿。
11月22日
東京新聞、「情報コーナードキュメンタリー映画『エドワード・サイードOUT OF PLACE』公開記念トークイベント」と題し、本橋哲也コミュニケーション学部教授が紹介される。
11月22日
北國新聞、「1月から3月も運行 南砺市のコミュニティバス 4月本格導入を前に」と題し、青木亮経営学部助教授が紹介される。
11月21日
保険毎日新聞、「学生保険学ゼミ06、全国の12大学が参加」と題し、柳瀬典由経営学部助教授のゼミが紹介される。
11月21日
「エコノミスト」、「ワイドインタビュー 問答有用 中国でマナーを教える」と題し、萬里紅さん('02年コミ卒)のインタビューが紹介される。
11月20日
福祉新聞、「身体障害者補助犬法 改正求め10万人署名」と題し、竹前栄治名誉教授が紹介される。
11月18日
「週刊東洋経済」、「第22回高橋亀吉記念賞」と題し、澤田公徳さん('87経済修士)が紹介される。
11月17日
FujiSankei Business i、「【人・story】海蔵講平さん(寺子屋社長)」と題し、海蔵講平さん('78年経済卒)が紹介される。
11月16日
建設通信新聞、「プランから始める前川手法/鬼頭梓氏、前川國男邸で想い出語る」と題し、本学が紹介される。
11月15日
読売新聞、「ベルマーク回収に熱 参加大学第1号の東経大 学生サークル中心に」と題し、池田佑太朗さん(経済1年)、栗原ひとみさん(経営1年)のコメントが紹介される。
11月15日
読売新聞、「職場などで『補助犬お断り』、無理解に法改正を要請」と題し、竹前栄治名誉教授のコメントが紹介される。
11月14日
「世界週報」、「日本と世界の安全保障 進むロシアの『変身』―サハリンで感じたこと」と題し、兵藤長雄現代法学部教授が寄稿。
11月14日
中日新聞、東京新聞、 「大学交流で東アジア平和構築を」と題し、本学で開催されるシンポジウムが紹介される。
11月14日
「エコノミスト」、「ワイドインタビュー問答有用 『薬害エイズ』和解から10年」と題し、川田龍平さん('03年経済卒)のインタビューが紹介される。
11月12日
日本経済新聞、「活字の海で コンテンツ大国の日本」と題し、本学が紹介される。
11月11日
「週刊東洋経済」、「【日本でディーゼルが売れないワケ】トヨタを苦しめるトラウマ」と題し、本学が紹介される。
11月10日
日経産業新聞、「東京経済大学教授関沢英彦氏―相次ぐ製品事故(市場トレンド私はこう読む)」と題し、関沢英彦コミュニケーション学部教授が寄稿。
11月10日
読売新聞、「[キャンパス発]高齢者福祉先進地『その後』東経大・尾崎ゼミが上映会」と題し、尾崎寛直経済学部専任講師のゼミが紹介される。
11月10日
毎日新聞、「だまされない!不当条項2」と題し、村千鶴子現代法学部教授が寄稿。
11月10日
日本経済新聞、
11月8日
日刊工業新聞、日経産業新聞、FujiSankei Business i、「社長に渕木氏 マンパワー・ジャパン」と題し、渕木幹雄さん('71年経営卒)が紹介される。
11月9日
アサヒタウンズ、「多摩東タウン情報 映画」と題し、尾崎寛直経済学部専任講師が紹介される。
11月6日
毎日新聞、「無謀と狂気に満ちた島々 今も亡魂が泣いている」と題し、江成常夫さん('62年経済卒)が寄稿。
11月5日
スポーツ報知、「[BOOKセレクト]『マイノリティーの拳』林壮一さん」と題し、林壮一さん('93年経済卒)が紹介される。
11月4日
読売新聞、「ブレスレット商法ご用心『はめるだけで血液サラサラ』採血して"効果"強調」と題し、村千鶴子現代法学部教授のコメントが紹介される。
11月4日
スポーツ報知、「シネマ斬り」と題し、粉川哲夫コミュニケーション学部教授が映画「トンマッコルへようこそ」を批評。
2006年秋号
「日経 大学・大学院ガイド」、「キャンパスに帰ろう―最長4年で修士号取得、『シニア大学院』」と題し、岡本秀男経済学部教授が紹介される。
10月30日
日経流通新聞、「四谷地域活性化大学生が提案」と題し、宮下正房名誉教授のコメントが紹介される。
10月29日
「読売ウィークリー」、「向学心満たせます!シニアが通う『新』大学院」と題し、佐藤保壽さん(シニア大学院生)、齋藤章彦さん(シニア研究生)、高橋輝彦さん(シニア研究生)、横塚紘一さん(シニア研究生)が紹介される。
10月28日
北國新聞、「経済人・これからどうする 日機装金沢製作所業務所長、後藤直人氏 命支える仕事に誇り」と題し、後藤直人さん('75年経営卒)が紹介される。
10月26日
朝日新聞、「日朝関係 市民の目線で―学生ら考える集い企画」と題し、後藤由耶さん(21世紀3年)のコメントが紹介される。
10月26日
朝日新聞、「会と催し」と題し、28、29日に本学で開催される国際シンポジウム「コミュニケーションとしての出版」、今村仁司経済学部教授の基調講演「本を読むこと、生きること」が紹介される。
10月25日
読売新聞、「創立75年の上智大新聞学科がシンポジウム」と題し、アンドリュー・ホルバート経済学部客員教授が紹介される。
10月24日
産経新聞、「『自閉症に理解を』島田律子さん29日に講演会」と題し、本学が紹介される。
10月23日
薬事日報、「<編集企画>2010年代の流通・マーケ戦略を展望-11月に40周年記念大会流通経済研究所」と題し、宮下正房名誉教授が紹介される。
10月22日
北海道新聞、「<書評>マイノリティーの拳 世界チャンピオンの光と闇*林壮一著*有色人種の逆転劇追う」と題し、林壮一さん('93年経済卒)が紹介される。
10月22日
読売新聞、
10月21日
スポーツ報知、「箱根駅伝予選会が21日スタート 出場44校選手名鑑 本戦切符へ熱い火花」と題し、陣内良昭副学長、上阪哲也監督率いる本学陸上部10名が紹介される。
10月21日
毎日新聞、「消費者問題:戦後の資料を収集、復刻」と題し、島田和夫現代法学部教授のコメントが紹介される。
10月21日
朝日新聞、「書店主、シニア大学院に」と題し、佐藤保壽さん(シニア大学院生)が紹介される。
10月19日
読売新聞、「Thursdayたまライフ 向学心いつまでも」と題し、「欅友会」(本学・国分寺市共催「市民大学講座」による同窓会)が紹介される。
10月17日
読売新聞、「大きいことは...時には自慢話をしよう」と題し、関沢英彦コミュニケーション学部教授のコメントが紹介される。
10月16日
スポーツ報知、スポーツニッポン、「首都大学野球」と題し、本学が紹介される。
10月14日
読売新聞、「進学特集 個性きらり、大学の挑戦」と題し、関沢英彦コミュニケーション学部教授が紹介される。
10月14日
スポーツ報知、「シネマ斬り」と題し、粉川哲夫コミュニケーション学部教授が映画「ワールド・トレード・センター」を批評。
10月13日
毎日新聞、「だまされない!継続的サービス2」と題し、村千鶴子現代法学部教授が寄稿。
10月11日
日経流通新聞MJ、「『郷愁』『癒やし』で団塊つかめ-関沢氏基調講演、4トラ市場に将来性(消費分析)」と題し、関沢英彦コミュニケーション学部教授が紹介される。
10月9日
日本経済新聞、「高速列車の系譜、台湾へ」と題し、青木亮経営学部助教授のコメントが紹介される。
10月9日
10月8日
スポーツニッポン、「首都大学野球2部」と題し、本学が紹介される。
10月8日
毎日新聞、「団塊は眠らない:第2部・ターゲット/1(その2止)『還ギャル』消費けん引」と題し、関沢英彦コミュニケーション学部教授のコメントが紹介される。
10月6日
毎日新聞、「だまされない!継続的サービス1」と題し、村千鶴子現代法学部教授が寄稿。
10月2日
「japan,internet,com」、「"人助けの気持ち"があれば無報酬でも、『Yahoo!知恵袋』への回答動機を分析」と題し、川浦康至コミュニケーション学部教授が紹介される。
10月2日
10月1日
スポーツニッポン、「首都大学野球2部」と題し、本学が紹介される。
10月号
「世界」、「東アジアの歴史認識共有への第一歩 金聖甫」と題し、東京経済大学国際歴史和解研究所が紹介される。

大学紹介