東京経済大学

MENU

マスコミに紹介された東経大

2007年6月~2007年7月


7月31日
「エコノミスト」、「書評」と題し、周牧之経済学部教授が紹介される。
7月31日
中国新聞、中日新聞、北海道新聞
7月30日
熊本日日新聞、北國新聞、下野新聞、秋田魁新報、河北新報、岩手日報、東奥日報、産経新聞、読売新聞、毎日新聞、朝日新聞、日本経済新聞、「参院選開票速報 選挙区」と題し、川田龍平さん('03年経済卒)が紹介される。
7月30日
毎日新聞、「小田実さん死去:『地べたはう』生き様 がん公表、最後まで言論活動」と題し、色川大吉名誉教授が紹介される。
7月29日
毎日新聞、「今週の本棚・今週の執筆者」と題し、大岡玲経営学部教授が紹介される。
7月29日
読売新聞、「中越沖地震 震災掲示板(受験料、授業料など免除)」と題し、本学が紹介される。
7月28日
北國新聞、「収支予測調査で64パターン示す 富山市で県並行在来線対策が幹事会」と題し、青木亮経営学部准教授が紹介される。
7月27日
「CAPA(8月号)」、「『写真のチカラ』で現実を知ってもらう 東経大生がスーダン難民の写真展を開催」と題し、藤澤房俊経済学部教授市井力さん(経営2年)本幡浩之さん(経営2年)武長智子さん(21世紀3年)が紹介される。
7月26日
日本経済新聞、「受験料や入学金免除」と題し、本学が紹介される。
7月25日
産経新聞、「【夢を見させないで 老人ホーム入居者の嘆き】」と題し、村千鶴子現代法学部教授のコメントが紹介される。
7月24日
朝日新聞、「国分寺・地元野菜カレーに名水コーヒー 史跡めぐりに一息、市民がおもてなし」と題し、本学が紹介される。
7月24日
日本食糧新聞、「全国小売流通特集:再編の波・ドラッグストア=提携の動き2009年めど」と題し、本藤貴康経営学部准教授が紹介される。
7月24日
朝日新聞、日本経済新聞、「被災者の入試検定料東京経済大が免除」と題し、本学が紹介される。
7月22日
日本経済新聞、「『法』や『裁判』テーマに論じる哲学」と題し、桜井哲夫コミュニケーション学部教授が「正義をこえて ポール・リクール著」を書評。
7月21日
「情況(2007年7・8月号)」、「人間の社会的存在の社会哲学的研究―今村仁司君を悼む」と題し、長岡克行経営学部教授が寄稿。
7月19日
読売新聞、「講演会・シンポ」と題し、28日に本学で開催される映画上映・講演会が紹介される。
7月16日
「FujiSankei Business i」、「【仕事人】木村ファイン通商社長」と題し、佐藤誠二郎さん('79年経済卒)が紹介される。
7月16日
毎日新聞、「北方領土シンポ 北海道・根室で開催」と題し、兵藤長雄元教授が紹介される。
7月14日
スポーツ報知、「シネマ斬り」と題し、粉川哲夫コミュニケーション学部教授が映画「アドレナリン」を批評。
7月13日
増城日報(中国広東)、広東の増城市にて開催された学会でスピーチをした八巻俊雄名誉教授が紹介される。
7月10日
東京新聞、「赤城農相会見 かたくな『適正』強調 再説明 松岡氏と同じ論法」と題し、柴田高好名誉教授が紹介される。
7月6日
北海道新聞、「携帯サイトで参加型に 会場で接続、アンケート」と題し、兵藤長雄元教授が紹介される。
7月5日
毎日新聞、「だまされない!不当な広告 被害者の救済規定なし」と題し、村千鶴子現代法学部教授が寄稿。
7月4日
読売新聞、「[決着・東京大気汚染訴訟](中)医療費補助『希望見えた』」と題し、尾崎寛直経済学部専任講師が紹介される。
7月3日
産経新聞、「大気汚染訴訟、全面和解『未認定』の苦渋、『すべて失った』」と題し、尾崎寛直経済学部専任講師が紹介される。
7月3日
都政新報、「山崎眞秀前国分寺市長を偲んで」と題し、柴田徳衛名誉教授が寄稿。
7月
「月刊社会教育7月号」、「市民大学方式のモデル研究」と題し、村上勝彦本学学長、石井寛治経営学部教授、有山輝雄コミュニケーション学部教授、A.ホルバート経済学部客員教授、兵藤長雄元現代法学部教授、羅歓鎮経済学部准教授、渡辺潤コミュニケーション学部教授、三島憲一経済学部教授、本橋哲也コミュニケーション学部教授、藤澤房俊経済学部教授が紹介される。
6月30日
毎日新聞、「ネット君臨 私の提言 子どものために利用制限は必要 家庭でルール作りを」と題し、川浦康至コミュニケーション学部教授が寄稿。
6月28日
北海道新聞、「根室交通社長に岡野氏」と題し、岡野将光さん('92年経営卒)が紹介される。
6月28日
毎日新聞、「だまされない!不当な広告 通販 悪質なら業務停止に」と題し、村千鶴子現代法学部教授が寄稿。
6月28日
「SPA!(2007年7月11日号)」、「SNS急成長の理由と今後の展望とは・・・?」と題し、川浦康至コミュニケーション学部教授が寄稿。
6月28日
「DIME(2007年4月17日号)」、「データ・ウォッチング データの向こうに『世界』が見える!」と題し、川浦康至コミュニケーション学部教授が紹介される。
6月28日
「岩波季刊『環境と公害』2007年4月末刊」、「リレー・エッセイ 日本自動車産業の世界的責任」と題し、柴田徳衛名誉教授が寄稿。
6月27日
日経産業新聞、「鉄鋼グローバル再編 強みの高級鋼を守れ」と題し、若杉敬明経営学部教授が紹介される。
6月27日
読売新聞、「駐禁取り締まり強化1年 業界明暗 駐車場契約7倍 運送3社は24億円負担」と題し、青木亮経営学部准教授のコメントが紹介される。
6月24日
朝日新聞、「『開運』不幸の始まり『霊気悪い』印鑑に470万円 言葉巧みに業者接近」と題し、村千鶴子現代法学部教授が紹介される。
6月24日
毎日新聞、「今週の本棚・今週の執筆者」と題し、大岡玲経営学部教授が紹介される。
6月23日
スポーツ報知、「シネマ斬り」と題し、粉川哲夫コミュニケーション学部教授が映画「憑神(つきがみ)」を批評。
6月22日
日経産業新聞、「『市場トレンド私はこう読む』湿度と闘うヒット商品続々」と題し、関沢英彦コミュニケーション学部教授が寄稿。
6月22日
日本食糧新聞、「東京都食品卸同業会、経営研修会開催 地域商業の戦略説く」と題し、宮下正房名誉教授が紹介される。
6月21日
毎日新聞、「だまされない!不当な広告 消費者金融、規制徹底せず」と題し、村千鶴子現代法学部教授が寄稿。
6月20日
読売新聞、「[街スポーツ]多摩 卓球 府中オープン大会」と題し、根岸源語さん(コミ4年)が紹介される。
6月18日
毎日新聞、「国際シンポ:日韓交流の可能性探る」と題し、本学が紹介される。
6月15日
読売新聞、「台湾をテーマに映画上映と講演」と題し、16日に本学で開催される映画上映会・講演会が紹介される。
6月15日
「HEART(7月号)」、「俺の愛する『ロックT』」と題し、木戸修平さん('07年コミ卒)が紹介される。
6月13日
朝日新聞、「全盲カメラマン伊藤さんの軌跡 福祉学ぶ東経大生企画」と題し、尾崎寛直経済学部専任講師ゼミが紹介される。
6月12日
「戦う身体をつくるアスリートの食事と栄養(6月27日号)」(ナツメ社刊)の中で、「未来のスポーツ選手をつくる食事」と題し、本学端艇部が紹介される。
6月12日
「世界(7月号)」、「玉突き書簡『遊び』」と題し、徐京植現代法学部准教授が紹介される。
6月11日
スポーツニッポン、読売新聞、産経新聞、
6月10日
スポーツ報知、スポーツニッポン、熊本日日新聞、中国新聞、北海道新聞、産経新聞、読売新聞、毎日新聞、朝日新聞、「首都大学野球 第1日 1、2部入れ替え戦 東経大が武蔵大に完封先勝」と題し、本学が紹介される。
6月10日
日本経済新聞、「『中国経済論』発展メカニズム構造的に解明―周牧之著」と題し、周牧之経済学部教授の著書が紹介される。
6月9日
朝日新聞、「カレンダー」と題し、桜井哲夫コミュニケーション学部教授の講演会が紹介される。
6月9日
上毛新聞、「創造学園大5位 首都大学野球春季2部リーグ」と題し、本学が紹介される。
6月9日
中日新聞、「きょうのスポーツ」と題し、本学が紹介される。
6月9日
熊本日日新聞、「ハンセン病報道で懇談 日本マスコミ学会 総会前に熊日訪問」題し、有山輝雄コミュニケーション学部教授が紹介される。
6月7日
毎日新聞、「だまされない!不当な広告 安価で誘い高額品売り付け」と題し、村千鶴子現代法学部教授が寄稿。
6月6日
熊本日日新聞、「報道の在り方検証 日本マスコミ学会9日から熊本市で研究発表 水俣病など題材に」と題し、有山輝雄コミュニケーション学部教授が紹介される。
6月5日
FujiSankei Business i、「【成長支援】アクティブジャパン目指して(5)西武しんきんキャピタル」と題し、榊原隆さん('88年経営卒)が紹介される。
6月4日
産経新聞、「飢餓の悲劇に目を 干魃被害なお進行」と題し、31日に本学で開催された講演会が紹介される。
6月3日
毎日新聞、「陸羯南 理想ゆえに矛盾抱える」と題し、有山輝雄コミュニケーション学部教授が紹介される。
6月2日
北國新聞、「国の支援働き掛け 並行在来線 富山県対策協で石井知事『貨物輸送で役割』」と題し、青木亮経営学部准教授が紹介される。
6月2日
沖縄タイムス、「【読書】岩本茂樹著/憧れのブロンディ/『対米認識』の変遷を語る」と題し、桜井哲夫コミュニケーション学部教授が書評。
6月1日
「文藝春秋(6月号)」、「団塊こそ"知の救世主"誰でも大学に入れる時代の到来」と題し、本学が紹介される。

大学紹介