東京経済大学

MENU

マスコミに紹介された東経大

2007年12月~2008年1月


1月27日
毎日新聞、「今週の本棚・今週の執筆者」と題し、大岡玲経営学部教授が紹介される。
1月24日
毎日新聞、「ひと:連合創設の非正規労働センターの責任者」と題し、龍井葉二さん('79年経済卒)が紹介される。
1月19日
中国新聞、毎日新聞、朝日新聞、「『竹島の日』行事参加者県が募集 式や領土問題講演」と題し、兵藤長雄元教授が紹介される。
1月19日
スポーツ報知、「シネマ斬り」と題し、粉川哲夫コミュニケーション学部教授が映画「スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師」を批評。
1月18日
保険毎日新聞、「損保総研 特別講座『消費者契約法の評価・検討の論点』開催」と題し、村千鶴子現代法学部教授が紹介される。
1月17日
日本経済新聞、「フォーカス 中国・上海でマナー教育をビジネスに」と題し、萬里紅さん('02年コミ卒)が紹介される。
1月16日
保険毎日新聞、「『全国学生保険学ゼミナール』を開く」と題し、柳瀬典由経営学部准教授が紹介される。
1月14日
日経流通新聞、「ネーミングパッケージ 大学生が苦心(クシュン)」と題し、本藤貴康経営学部准教授が紹介される。
1月13日
愛媛新聞、「〔宇和島腎移植〕徳洲会病気腎最終報告書」と題し、宮崎良夫現代法学部教授のコメントが紹介される。
1月11日
日経産業新聞、「市場トレンド 私はこう読む 親子で楽しむ娯楽」と題し、関沢英彦コミュニケーション学部教授が寄稿。
1月11日
毎日新聞、「キャンパる 箱根駅伝」と題し、野口直人さん(コミュ3年)が紹介される。
1月11日
岩手日報、「'08景気を占う 県内経済人に聞く」と題し、佐藤安紀さん('68年経済卒)が紹介される。
1月8日
日本経済新聞、「こどもと育つ 放任主義を徹底」と題し、大岡玲経営学部教授が寄稿。
1月5日
熊本日日新聞、「わたしを語る・八分の運二分の運」と題し、本学が紹介される。
1月4日
日本食糧新聞、「新年号2部:流れを読む=ドラッグストア 改正薬事法運用の波紋」と題し、本藤貴康経営学部准教授のコメントが紹介される。
1月1日
朝日新聞、「『新・離陸期』キーワードは『あいうえお』」と題し、関沢英彦コミュニケーション学部教授が寄稿。
1月1日
「GRAPHICATION(NO.154)」、「対談・知の交差点 ケータイって何だろう」と題し、粉川哲夫コミュニケーション学部教授の対談が紹介される。
12月31日
高知新聞、「来月3日三校OB戦 高知球場」と題し、政岡良治さん(経済4年)山沖一真さん(経済2年)が紹介される。
12月29日
スポーツ報知、「シネマ斬り」と題し、粉川哲夫コミュニケーション学部教授が映画「その名にちなんで」を批評。
12月27日
西日本新聞、「長崎県/遺族らへの配慮忘れず 佐世保銃乱射事件」と題し、大出良知現代法学部教授のコメントが紹介される。
12月26日
朝日新聞、「公営住宅の入居枠縮小」と題し、大本圭野経済学部教授のコメントが紹介される。
12月25日
日刊建設工業新聞、「首都大学東京/震災復興シンポ開く/地域防災力向上テーマに」と題し、森反章夫現代法学部教授が紹介される。
12月21日
毎日新聞、「キャンパる:甘美?孤独?クリスマス」と題し、野口直人さん(コミュ3年)が紹介される。
12月21日
南日本新聞、「東京経済大の学長に久木田氏」と題し、久木田重和経営学部教授が紹介される。
12月20日
日本経済新聞、「交遊抄 複眼的考え方」と題し、故人・姫野侑元経営学部長が紹介される。
12月17日
日経金融新聞、「上場各社の企業統治改善 上位ほどROE高く」と題し、若杉敬明経営学部教授のコメントが紹介される。
12月17日
読売新聞、「日米企業の人材育成テーマにフォーラム」と題し、植木英雄経営学部教授が紹介される。
12月15日
朝日新聞、「衆院再議決 補給支援 是非を問う」と題し、加藤一彦現代法学部教授が紹介される。
12月14日
毎日新聞、「キャンパる・大楽人:カヌーで北京五輪に出場」と題し、野口直人さん(コミュ3年)が紹介される。
12月14日
静岡新聞社、「東海地震は今2007=危険物施設、『流出』立ち入り調査」と題し、吉井博明コミュニケーション学部教授が紹介される。
12月14日
「週刊新潮(12月20日発刊)」、「ドン・キホーテ、夢を求め続けて!」と題し、荻内勝之コミュニケーション学部教授が紹介される。
12月13日
「クラリス(冬号12月30日発刊)」の編集主幹として成田重行さん('64年経済卒)が紹介される。
12月12日
毎日新聞、「見る:えにす寄席」と題し、春風亭柏枝さん('80年経営卒)が紹介される。
12月11日
日経産業新聞、「日経産業新聞フォーラム2008 クロスボーダーM&Aのプロセスと戦略」と題し、若杉敬明経営学部教授が紹介される。
12月8日
朝日新聞、「(Media Times)報道と政治、距離感は」と題し、有山輝雄コミュニケーション学部教授のコメントが紹介される。
12月8日
スポーツ報知、「シネマ斬り」と題し、粉川哲夫コミュニケーション学部教授が映画「サラエボの花」を批評。
12月7日
朝日新聞、「見上げる、つかむ、Vを 全日本大学バレーボール」と題し、本学が紹介される。
12月7日
日経MJ、「ハッスル店長 東急百の分まで頑張らないと...」と題し、新見邦由さん('70年経済卒)が紹介される。
12月7日
読売新聞、「障害者や高齢者、絵画など50点出展へ」と題し、「まちづくり広場国分人」で尾崎寛直経済学部専任講師のゼミが主催する「市民だれでもアート展」が紹介される。
12月6日
朝日新聞(多摩版)、読売新聞(東京版・多摩版)、東京新聞(社会面)、「久木田教授を新学長に選出」と題し、久木田重和経営学部教授が紹介される。
12月5日
毎日新聞、「特集ワイド:団塊世代、07年問題スタート年 夢あれど、魂動かず」と題し、関沢英彦コミュニケーション学部教授のコメントが紹介される。
12月4日
毎日新聞、「都庁各局オススメ情報:震災復興シンポ」と題し、森反章夫現代法学部教授が紹介される。
12月4日
岩手日報、「県政への提言 財政難乗り越えて」と題し、佐藤安紀さん('68年経済卒)が紹介される。
12月4日
「論座(2008年1月号)」、「本の虫日記」と題し、桜井哲夫コミュニケーション学部教授が寄稿。
12月3日
中日新聞、「おはよう 出番です 佐野成宏 名古屋でリサイタル開くテノール歌手」と題し、佐野成宏さん('87年経営卒)が紹介される。
12月2日
北海道新聞、「日曜トーク 親子で楽しめる公演に」と題し、三井大樹さん('85年経営卒)が紹介される。
12月2日
毎日新聞、「今週の本棚・今週の執筆者」と題し、大岡玲経営学部教授が紹介される。

大学紹介