東京経済大学

MENU

マスコミに紹介された東経大

2012年6月~2012年7月


7月20日
日本経済新聞。桜井哲夫コミュニケーション学部教授が、当該著書でフランス学士院賞を受賞し、コレージュ・ド・フランス教授に迎えられたアントワーヌ・コンパニョンの『アンチモダン~反近代の精神史』(名古屋大学出版会)について書評。
7月17日
日刊工業新聞。「フラッシュ」欄で、山本聡経営学部専任講師登壇の講演会「ものづくり企業の国際化戦略セミナー」(7月24日午後4時から東京・八王子先端技術センター)の告知が掲載。
7月10日
大分合同新聞。「菅生事件60周年記念集会」として、小俣一平・東京都市大学教授(76年・経済卒)の講演記事が掲載。
8月号
独立行政法人 科学技術振興機構『産学官連携ジャーナル』。連載-ものづくり中小企業の発展と「科学的手法」の導入-(3回連載)で、山本聡経営学部専任講師の寄稿が掲載される。第1回 タイトルは「測定・解析がものづくり技術を進化させる」。
8月号
日刊工業新聞『型技術』。「Close Up」で、山本聡経営学部専任講師の寄稿「国内金型企業における科学的手法の獲得と金型づくりの発展」が掲載される。
7月8日
東京新聞。「新聞を読んで」欄で、小俣一平・東京都市大学教授(76年・経済卒)の見解「読者が選択する時代」が掲載。
7月5日
南日本新聞(鹿児島)。「県知事選挙を占う」の特集で、小俣一平・東京都市大学教授(76年・経済卒)の「福島から遠く離れた鹿児島の投票行動が注目され、全国規模の社会運動に広がる可能性がある」とのインタビューが掲載。
7月4日
読売新聞。「私の一冊」欄で、田島博和経営学部教授のインタビュー「美しさの中の合理性を知る」が掲載。書名は『シンメトリー』(ヘルマン・ヴァイル著/遠山啓訳 紀伊国屋書店)。
7月3日
東亜日報。徐京植現代法学部教授の全南大学主催「第六回金大中学術賞」受賞が掲載。
6月26日
ハンギョレ新聞。文化・学術欄、「韓国の民主化、過去史に成り果てるのでは(金大中学術賞受賞者)」で、徐京植現代法学部教授が紹介。
6月22日
東京新聞。「新聞を読んで」の「7月からの執筆者」として、小俣一平・東京都市大学教授(76年経済卒)が写真入りで掲載。
6月21日
朝日新聞。現代法学部・渡辺龍也教授がメンバーである「省庁版事業仕分け『行政事業レビュー』(外務省)」の開催結果が報じられる。
6月3日
日本経済新聞。「SUNDAY NIKKEI」のコーナー「今を読み解く」に、桜井哲夫コミュニケーション学部教授のコラム「『60年代』への関心高まる」が掲載。

大学紹介