東京経済大学

MENU

マスコミに紹介された東経大

2016年2月~2016年3月

3月28日
日経産業新聞。キャリア希望、明確に、と題する記事で、本学が2017年4月から「キャリアデザインプログラム」を導入し、自分がどういうキャリアを歩みたいか考える「少人数ワークショップ」を4年間実施することや、卒業生などを講師に招き、実務を教わる「キャリア塾」を設けることなどが紹介。
3月18日
日経産業新聞。「流行を読む」で、コミュニケーション学部関沢英彦教授の、カメラモニターや全天球等のデジタル機器を通した「デジタル視界」活用についての見解が紹介。
3月14日
東京新聞。地域のお手伝い 精力的に、と題する記事で、本学文化会に所属する「ボランティアサークル Clover」が行う、子供たちへの学習支援や地域行事への参加、大学周辺の清掃活動といったボランティア活動が紹介。
3月14日
日本農業新聞。本学文化会に所属する落語研究会が、2016年3月13日(日)、東京都千代田区神田神保町の「らくごカフェ」で演芸会を開催し、在学生とプロの噺家を含む卒業生が話芸を披露したことが紹介。
3月13日
西日本新聞。原発指定廃棄物行き場なく 最終処分候補地の不安、と題する記事で、東京電力福島第一原発事故で飛散した放射性廃棄物質を含む「指定廃棄物」の最終処分場が決まらない現状に対する、礒野弥生現代法学部長のコメントが紹介。
3月11日
山梨日日新聞。東京電力福島第一原発事故後、仙台市から甲府市に自主避難した体験や研究テーマである難民問題を通じ、国家のあり方を説いた、早尾貴紀経済学部准教授の著書「国ってなんだろう?」が紹介。
3月9日
神奈川新聞。3・11東日本大震災5年/4メートル津波も死者なし 茨城・大洗/命救った避難命令、と題する記事で、吉井博明本学名誉教授の、災害時の緊急避難命令についての見解が掲載。
3月7日
保険毎日新聞。損保総研が『損害保険研究』77巻4号発行、と題する記事で、柳瀬典由経営学部教授が保険教育特集に研究論文を掲載していることが紹介。
3月2日
東京新聞。大学対抗 大喜利選手権、に本学落語研究会の、遠山の金さんをお題とした作品が掲載。
3月1日
神奈川新聞。減災 死者半減へ数値目標、と題する記事で、吉井博明本学名誉教授の、神奈川県地震防災戦略の改定案に関してのコメントが紹介。
3月1日
北海道新聞。状況証拠 どう判断、と題する記事で、大出良知現代法学部教授の、状況証拠に基づく有罪認定や取り調べの可視化についての見解が紹介。
2月27日
日本経済新聞。アダムズ方式 15年人口なら「9増15減」、と題する記事で、加藤一彦現代法学部教授の、衆院選の議席配分の見直しについてのコメントが紹介。
2月20日
読売新聞。五日市憲法 歌で伝える、と題する記事で、色川大吉本学名誉教授の研究グループが発見した五日市憲法草案をテーマにした歌が作られたことが紹介。
2月14日
朝日新聞。途上国の農業 環境も人も守る、と題する記事で、渡辺龍也経済学部教授の、持続可能なサプライチェーンと倫理的貿易に関するコメントが掲載。
2月12日
河北新報。復興政策 富岡から問う、と題する記事で、礒野弥生現代法学部教授の、東日本大震災の復興政策により避難者に生じた悩みや問題点についての見解が掲載。
2月12日
朝日新聞。「五日市憲法」歌で伝えよう、と題する記事で、歴史家の色川大吉本学名誉教授が五日市憲法草案を発見し、命名したことが紹介。
2月12日
東京新聞。「18歳選挙権」で勉強会、と題する記事で、県選挙カレッジに参加している武藤智央さん(経済3年)の、選挙権年齢の引き下げについてのコメントが掲載。
2月8日
北海道新聞。道内外のバス火災相次ぐ、と題する記事で、青木亮教授の車齢の高いバスの点検整備の実施に関してのコメントが紹介。

大学紹介