東京経済大学

MENU

マスコミに紹介された東経大

2016年6月~2016年7月


7月25日
西日本新聞。社会心理学を専門とする川浦康至コミュニケーション学部教授の、ディスカッションの方法を教える「討論塾」が増えていることについての見解が紹介。
7月23日
朝日新聞。留学前に国際貢献、と題する記事で、品物を物々交換し、売り上げを国境なき医師団に寄付する「わらしべ長者プロジェクト」が紹介され、代表の町塚洋介さん(経済2年)のコメントが掲載。
7月22日
毎日新聞。「争点は改憲」半数以上、と題する記事で、全国30大学の学生に対し行われた参院選についてのアンケートの回答者として、本学の学生が掲載。
7月21日
日経産業新聞。関沢英彦の目 つながり求め離せず、と題するコラムで、関沢英彦コミュニケーション学部長の、スマホ皮膜についての見解が紹介。
7月17日
読売新聞。広告欄に本学の広告が掲載。
7月16日
日本経済新聞。第16回学生対抗円ダービーの1回戦の結果が発表され、小木紀親経営学部教授のもとで学ぶ小池美咲さん(経営1年)率いるチームが10位となったことが紹介。
7月14日
時事通信ニュース。「意義ある」「見直しを」強制起訴制度に賛否、と題する記事で、大出良知現代法学部教授の、2009年に導入された強制起訴制度についての見解が紹介。
7月13日
石鹸日用品新報。大倉喜八郎 進一層館(フォワードホール)で6月11日(土)に開催された、「日本卸売学会 平成28年度第2回研究例会」の様子が掲載され、本藤貴康経営学部教授が当日のコーディネーターを務めたことが紹介。
7月13日
毎日新聞。エベレスト登頂 20歳の挑戦語る、と題する記事で、世界最高峰のエベレストに5月19日、当時の日本人最年少で登頂に成功した伊藤伴さん(経営3年)が本学で登頂を報告したことが紹介。
7月13日
読売新聞。東経大の伊藤さん エベレスト登頂報告、と題する記事で、世界最高峰エベレストの登頂に成功した伊藤伴さん(経営3年)の登頂報告会が12日に本学で開かれたことが紹介。
7月13日
東京新聞。大学対抗 大喜利選手権に落語研究会の王亭飛車(丸岡優慈さん 現代法1年)、橘亭カレーぱん(山根恭平さん コミュニケーション3年)、電々舎関鉄(田中貴之さん コミュニケーション4年)の作品が掲載。
7月12日
新潟日報。喜八郎の精神 若者に、と題する記事で、本学の前身である大倉商業学校の創立者である実業家大倉喜八郎の100年前に出版された口述書「努力」の復刻版を本学が刊行したことが紹介。
7月11日
毎日新聞。小森勇人さん(1995年経営卒)が東京現像所で特撮映画「キングコング対ゴジラ」のフィルム修復作業を統括する様子が紹介。
7月11日
文化放送。「吉田照美 飛べ!サルバドール」に、エベレスト、ローツェ登頂を果たした伊藤伴さん(経営3年)が生出演。
7月9日
東京新聞「こちら特報部」。現代メディア論などを研究する桜井哲夫コミュニケーション学部教授の、有権者が政治家を見極める機会として選挙の重要性についてのコメントが掲載。
7月8日
読売新聞。大学の実力調査 私立、と題する記事で、本学のデータが掲載。
7月3日
朝日新聞。歴史学者の色川大吉本学名誉教授が、精力的に著作を続け、2015年11月に「五日市憲法草案とその起草者たち」(日本経済評論社)を出版したことや、戦時中に海軍航空隊に所属した自身の経験などをもとに「戦争のおぞましさが分かっている人間が発信しなくてはいけない」と述べていることが紹介。
7月2日
信濃毎日新聞。憲法学や議会制度論を専門とする加藤一彦現代法学部教授が、参議院のあり方について、6段にわたり写真入りで見解を述べていることが紹介。
7月1日
朝日新聞、日本経済新聞。熊本県で発生した「松橋事件」について、熊本地方裁判所が再審請求を認める決定をしたことを報じた記事で、刑事訴訟法などを専門とする大出良知現代法学部教授のコメントが掲載。
6月27日
NHKFM。図書館長を務める西垣通コミュニケーション学部教授が執筆した歴史小説「1492年のマリア」が、ラジオドラマ化され、連続10回にわたりNHKFMで放送。
6月24日
読売新聞。東京経済大学の広告が掲載され、キャリアデザインプログラムが誕生したことが紹介。
6月22日
北海道浦河町に本店を置く日高信用金庫の理事長に、6月21日(火)付けで、大沼孝司さん(1978年経営卒)が就任したことが掲載。
6月20日
東京新聞。一票の意義 若者に「一席」と題する記事で、芸人であり東京大と慶応大の大学院生でもあるたかまつなな氏が、本学で18歳選挙権に関する出前授業を行ったことが紹介。
6月20日
毎日新聞。「世界一高い山に」夢かなう、と題する記事で、伊藤伴さん(経営3年)がエベレスト登頂に成功し、渋谷で帰国報告会を開いたことが紹介。
6月19日
フジテレビ。報道番組「みんなのニュースWeekend」で大久保奈弥経済学部准教授が担当する「フレッシャーズ・セミナー」に芸人のたかまつなな氏をゲスト講師として迎えた様子が紹介。
6月18日
西日本新聞。「説明を」語らぬ裁判所、と題する記事で、大出良知現代法学部教授の、裁判員への「声掛け」問題についてのコメントが紹介。
6月17日
産経新聞。物々交換しませんか?、と題する記事で、物々交換を繰り返して得た資金を国境なき医師団へ寄付する「わらしべ長者プロジェクト」が紹介され、プロジェクト代表の町塚洋介さん(経済2年)のコメントが掲載。
6月17日
デロイトトーマツニュースリリース。烏野仁さん(1984年経営卒)が、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社の次期代表執行役社長(CEO)に2016年10月1日(土)付けで就任予定であることが紹介。
6月16日
新潟日報。エベレスト登頂を達成し、直後にローツェを制した伊藤伴さん(経営3年)を取り上げた2016年5月27日(金)付け新潟日報の記事を受け、伊藤さんの祖母・伊藤シズ子さんの投書が紹介。
6月14日
多摩地区の読売新聞販売店で働きながら大学等で学ぶ読売教育奨学生を対象とした激励会がよみうりランドで開催され、佐々木知哉さん(経済1年)のコメントが紹介。
6月12日
読売新聞。六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーで開催している展覧会「世界遺産 ポンペイの壁画展」について大岡玲経営学部教授の解説が、写真入りで紹介。
6月11日
新潟日報。世界の再生可能エネルギー事情と題する特集で、アメリカ電力産業史に詳しい小林健一経済学部教授の、アメリカにおける再生エネルギーの実情について見解が紹介。
6月9日
日経産業新聞。関沢英彦の目 「自分ごと」ととらえて、と題するコラムで、関沢英彦コミュニケーション学部長のイノベーションに対する見解が紹介。
6月7日
読売新聞。第32回読売広告大賞 クリエイターの部、アドバタイザーの部の広告内で、選考委員を務めた岸志津江経営学部教授の講評が写真付きで紹介。
6月7日
日本経済新聞。調査説明 弁護士任せ、と題する記事で、加藤一彦現代法学部教授の、政治資金に関して第三者による調査終了を受けて設定された東京都知事記者会見についての見解が紹介。
6月7日
山口新聞。作家・室積さんのコメディー小説発売 光が舞台、と題する記事で、本学在学中から俳優業を始め、演出や脚本も手がける作家である室積光氏(本名・福田勝洋)が光市を舞台にしたコメディー小説「埋蔵金発掘課長」を発売したことが紹介。
6月2日
読売新聞。東経大100円朝食 満足96%、と題する記事で、本学父母の会が実施している「100円朝食」の概要とともに、昨年9月、父母の会が実施したアンケートと学生の利用率や利用者の声などが紹介。

大学紹介