情報システム課TOP >利用ガイド >Skypeの利用方法

Skypeの利用方法

P2Pの利用については、漏洩、ネットワーク過負荷等の危険性を十分考慮する必要があります。
「Skype」「Yahooメッセンジャー」等、主に音声やチャットを利用するP2Pソフトについては、現在のところ
上記のような危険性は低いといわれています。
但し、情報システム課にて何らかの問題点を認識した場合,個別に注意させていただく場合があります。
また、PC教室等共同施設においての音声利用は控えてください。(他ユーザへ迷惑がかかるため)
  ※参考:Winny等ファイル交換ソフトの利用に関する注意
1.はじめに  2.インストール方法  3.起動方法  4.通話する 

1.はじめに

Skypeとは?
Skype(スカイプ)とはSkype Technologies社が開発・公開している、P2P技術を応用した
「音声通話ソフト」です。
無料で提供されていて、音声通話以外にもチャット、ファイルの送信もできます。
ユーザ登録し、マイクを接続するだけで、ユーザ同士で音声による無料通話を行えます。
 Skypeの仕組み
SkypeはIP電話などとは異なり、中央サーバを介さずにユーザ同士が直接接続して通話します。
インターネット回線を利用し、ネットワーク上の一定の条件を満たしたユーザーのパソコン(そのパソコンを「スーパーノード」と呼びます)がサーバーの機能を提供するため、サーバーの設備投資が不要になり、無料通話が出来るようになるのです。

2.Skypeのインストール方法

その1.ダウンロードする
 1.以下のボタンをクリックします。
    

 2.Skypeのページが表示されたら、ダウンロードをクリックします。
   

 3.ファイルのダウンロードのダイアログが表示されます。「保存」をクリックします。
  

 4.ファイルの保存先を指定します。選択したら「保存」をクリックします。
  

 5.ダウンロードが開始されます。終わったら「閉じる」をクリックします。
  

その2.インストールする
 1.ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、開きます。
  
   
 2.以下の画面が表示されます。「実行」ボタンをクリックします。
  

 3.以下インストール画面が表示されます。
   言語を「日本語」に選択し、利用規約を読み同意した上でチェックボックスにチェックを入れて、「インストール」をクリック。
  

 4.インストールが始まります。インストールされたら「起動」をクリックし、次の項目に進みます。
  

3.Skypeの起動

マイアカウントの取得
 1.前項目でSkypeを起動させたら、新規アカウントの作成をします。
   以下必要事項を入力し、「次へ」をクリックします。
   印が必須入力です。Skype名は英数字での入力になります。
  

 2.以下の画面も必要事項を入力します。入力したら「ログイン」をクリックします。
  

 3.Skype開始ウィザードが表示されます。開始をクリックして、次へ進みます。
  

コンタクト(連絡相手)を追加する
 「開始」をクリックしたらコンタクトを追加します。
 
 1.通話したい相手を「コンタクトを追加」から探すことが出来ます。下図の「コンタクトを追加」をクリックします。
   

 2.以下の画面が出ます。
     手順1.探したい相手のSkype名、氏名、メールアドレスを入力し、
     手順2.「検索」をクリックし、
     手順3.いくつか検索結果が出るので、そこから相手を探し、
     手順4.「Skypeコンタクトを追加」をクリックします。
   

 3.相手にコンタクトリスト追加要求を送ります。赤枠内にメッセージを入力し、「OK」をクリックします。
   

 4.コンタクトに追加されました。
   
 

4.Skypeユーザーと通話する

     
※通話するにはマイク、またはマイク付きヘッドフォンが必要です。
こちらから電話をかけるには・・・
 1.コンタクトで通話したい相手を選択し、マークをクリックします。
     


 2.呼び出し中になり、相手が電話を取ると通話できます。
   

 3.電話を切るにはマークをクリックします。

相手からの電話を受けるには・・・
 1.画面上に以下のダイアログが表れます。
   

 2.応答する場合はを(拒否する場合はを)クリックすると、通話できます。